最新情報

試合結果

2019年10月20日 【秋季リーグ戦11日目】VS筑波大学

日本体育大学VS筑波大学
0-3

1セット目(16-25)
2セット目(25-27)
3セット目(23-25)

◎第1セット目
最終戦が始まりました。
1点目は4年花井のサーブポイントから
ゲームがスタート。

しかし、相手の高さに圧倒され
ブロックシャットやライトの速い
攻撃についていけず
リードされます。

日体大も負けじと
3年望月のブロックポイント・
2年岳野のブロックアウトで
徐々に点を詰めます。

相手のサーブが良く
崩され自分達の攻撃が出来ず
先に20点取られます。

2枚替えで入った
3年鎌田がフェイントに反応しますが
カバーに行けず、相手の勢いが
止まりません。

どんな状況でも
決めてくれる1年大村が
ライトから叩きつけますが
相手のサーブポイントで
セットを落します。

MC
野上→鎌田
塩出→大村

◎第2セット目
次に切り替えて臨む日体大。
出だしから長いラリーになるが
相手に決められます。

3年望月がセンターから
ブロックを弾き飛ばし
続いてサーブポイントを取り
流れを引き寄せます。

1年江藤がレフトを
ブロックで止め4年花井がレフトから
ブロックアウトを決め
リードします。

しかし、相手のクイックに
高さがありブロックに当たらず
抜かれます。

中盤で望月のサーブで
一気に流れを変え3点差まで
離しますが、自ミスが増え
相手にサーブポイントを取られ
連続失点になります。

マッチポイントを握るが
相手のブロックに圧倒され
シャットが続き
相手のレフトに決められ
セットを落します。

MC
江藤→溝口
野上→鎌田
塩出→大村

◎第3セット目
序盤から自分達の
流れを掴みリードします。

キャプテン熊井が
ナイスカバーをし
江藤が決めます。

その勢いで、
キャプテン熊井がパワフルな
スパイクを決め続けて
サーブでも点を取ります。

野上がライトからストレートに決め
相手の速攻に栗栖が反応し
望月がセンターから決めます。

中盤で相手のセンターに決められ
サーブで崩せずに
ブロックにつかまりだします。

しかし、ここで4年生の意地で
熊井が1枚で止め
それに続いて塩出が2本サーブポイントで
ブレイクを取ります。

終盤で相手のライトから
インナーに打たれ
同点になりここで抜けたいが
自ミスが出てしまい
最後は、相手のブロックポイントで
ゲームセット。

MC
なし

結果3-0で筑波大学の勝利です。
応援の程、有難う御座いました。

2019年10月19日 【秋季リーグ戦10日目】VS東京女子体育大学

日本体育大学VS東京女子体育大学
0-3

1セット目(19-25)
2セット目(21-25)
3セット目(18-25)

◎第1セット目
負けられない一戦が始まりました。
出だしは自ミスから
ゲームがスタート。

序盤で
相手のミスもありましたが
スパイカーが打ち切れず
相手のライトから決められ
リードされます。

このままではいけないと
2年の岳野がコースギリギリに決め
3年野上のナイスプッシュで
ブレイクします。

しかし、相手のディフェンスが固く
なかなかコートにボールが落ちません。

ここで追いつきたい日体大。
流れを変えたのは
2枚替えの3年鎌田と1年大村です。
1年大村のフェイントや
3年鎌田のナイスディグから
繋いで4年花井が決めます。

2点差まで縮めましたが
連続でミスをしてしまい
最後は、キャッチが崩れ
スパイクミスでセットを落します。

MC
野上→鎌田
塩出→大村
ハンダ→溝口

◎第2セット目
1セット目の反省を活かし
出だしから2年岳野のサーブポイントで
ゲームがスタート。

4年稲津のクイックに続き
4年花井がインナーに切り
点を離していきます。

相手も負けじと
サーブで攻めてきて
サーブポイントを取られ
追いつかれます。

キャプテン熊井が入り
パワフルなスパイクが決まり
ガッツと気合で攻め続けます。

熊井の体を張ったディグが上がり
塩出が繋ぎ攻めますが
相手のブロックが高くつかまります。

20点を先に取られますが
ここで4年生の意地を見せます。
花井のサーブポイントや
熊井のブロックアウトで徐々に
追い上げます。

2枚替えで3年鎌田・山本が入り
鎌田がナイスディグをし
山本がスパイクを決めますが
最後は、相手のライトに叩きつけられ
セットを落します。

MC
ハンダ→望月
野上→鎌田
塩出→山本
稲津→大村
岳野→熊井

◎第3セット目
後がなくなった日体大。
4年花井のブロックアウトから
ゲームがスタート。

続いて、
2年塩出がブロックシャットをし
3年望月が得意の攻撃で
ブロックアウトを取ります。

しかし、なかなか相手が崩れず
安定性に押されてしまい
守りに入ってしまいます。

自ミスが続き
コンビも合わずリズムが崩れ
相手のセンターのプッシュ・
レフトからブロックの上を打たれ
流れは相手になります。

ここで1本切りたい時に
3年ハンダの高さのあるブロック・
速攻が決まり流れを引き寄せます。

しかし、相手のレフトの勢いが止まらず
ブロックを利用されますが
キャプテン熊井がナイスディグをし
繋いで花井がブロックアウトを取ります。

最後まで諦めずに
攻めるが、相手のセンターに決められ
ゲームセット。

MC
野上→鎌田
塩出→山本

結果3-0で東京女子体育大学の勝利です。
応援の程、有難う御座いました。

2019年10月06日 【秋季リーグ戦9日目】VS順天堂大学

日本体育大学VS順天堂大学
0-3

1セット目(23-25)
2セット目(13-25)
3セット目(21-25)

◎第1セット目
絶対に落とせない戦いが始まり
出だしは相手のブロックポンとから
ゲームがスタート。

序盤は、
シーソーゲームの展開になり
野上がライトからスパイクを決め
続いて塩出のサービスポイントで
リードします

少しでも上がったボールが繋がり
岳野が相手のブロックを利用し
稲津がブロードに走り
塩出の高さのあるツーが決まり
いい流れになります。

しかし、相手のライト攻撃が
止められず自ミスが増え
1点差になります。

先に20点を取り
2枚替えで入った鎌田がサーブで崩し
チャンスボールをもらうが
山本のスパイクを止められ
相手が波に乗ります。

簡単にボールが落ちてしまい
相手のミドルにやられ
このセットを落します。

MC
岳野→熊井
野上→鎌田
塩出→山本

◎第2セット目
1セットを取り返したい日体大。
大村のスパイクからゲームが
スタート。

1セット目と同様に序盤は
シーソーゲームの展開になりますが
自ミスが増え、相手の攻撃に対応出来ず
リードを許します。

ここ1点ほしい時に
塩出のブロックポイント、
相手のミスで徐々に追いつきます。

中盤で、
自分達のバレーが出来ず
相手のレフトから打ち込まれ
フォローに入れずなかなか
流れを作れません。

サーブミスが続き
自分達が崩され相手の攻撃に
反応出来ず、ライトから決められ
セットを落します。

MC
稲津→望月

◎第3セット目
出だしは相手のミスから
ゲームがスタート。

しかし、序盤から
点を離され思うように
攻撃が出来ません。

溝口がレフトのスパイクに反応し
塩出が繋いで花井が決め
野上が得意のストレートに打ち
切ります。

中盤に
相手のミスが増え
全員で繋ぎ1年の大村が
相手のコートにたたきつけます。

あと一歩のところで
自ミスが出てしまいますが
攻め続け望月が速攻に入り
ノーブロックでたたきつけ
続けて望月がフェイントを決めます。

相手も負けじと
ミドルを使ってきて
上手くコンビを組み立て
最後は、相手のライト攻撃が決まり
ゲームセット。

MC
野上→鎌田
塩出→大村

結果3-0で順天堂大学の勝利です。
応援の程、有難う御座いました。

今までの試合結果を見る

活動トピックス

日体大女子バレー部 サポーターズクラブ

公式twitter

公式facebook

桜の会