最新情報

試合結果

2019年11月29日 【全日本インカレ4日目】VS順天堂大学

日本体育大学VS順天堂大学
1-3

1セット目(22-25)
2セット目(20-25)
3セット目(25-19)
4セット目(18-25)

◎第1セット目
ベスト4をかけた試合が始まります。
出だしは、野上のサーブポイントで
ゲームがスタート。

しかし、相手のレフトやミドルを
止めれずブロックを利用され
徐々に点を離されます。

タイムアウト明けに
スパイクミスをしてしまい
ここで流れを切りたい時に
鎌田のツーできります。

ブレイクは取れずに
相手のレフトの勢いが止まりません。

中盤から点差は5点差になり
追いつきたいがサーブで崩され
相手にチャンスを与えてしまいます。

相手のミスが増え始めたときに
熊井が迫力のあるスパイクを決め
野上のキレのあるスパイクが決まり
流れは日体大。

自分達も粘って繋げますが
相手の速い攻撃についていけず
相手のレフトに決められセットを落します。

MC
稲津→溝口
鎌田→塩出

◎第2セット目
出だしは相手のミドルが決め
ゲームがスタート。

出だしから走りたいが
なかなか相手の攻撃を止めれず
慌ててしまいます。

菊地のブロードはキレがあり
熊井の二段トスの打ち切りで
徐々に追いつきます。

先に出たい時に
鎌田の1枚ブロックで会場中が盛り上がり
続けて稲津のブロードが決まります。

相手も負けじと攻めてきて
抜けたと思ったら拾い・繋いで
お互い我慢しますが、
ライトからかち込まれます。

先に20点を取られますが
ここで相手にミスが増え
菊地のフェイントや花井の
技ありが決まり8点ブレイクします。

流れを引き寄せたく
2枚替えをしますが
キャッチが崩れ相手のブロックポイントで
セットを落します。

MC
稲津→溝口
鎌田→中野
野上→塩出

◎第3セット目
出だしは大村の迫力のある
スパイクが決まりゲームがスタート。

序盤からシーソーゲームの展開になりますが
稲津のスパイクが決まり、
続いて大村が相手のブロックを弾き飛ばし
リードします。

野上がライトから決め
流れに乗った日体大。

稲津がサーブを決め
相手のミスが続き野上が相手の
レフトを止め、このまま行きたいが
相手もブロックを利用してきます。

取られても1本で切ることができ
サーブで溝口が入り
相手を崩して大村がコースいっぱいに決め
自ミスをしてしまうが
ここぞというときに大村が決め
セットを取ります。

MC
稲津→溝口
鎌田→塩出

◎第4セット目
出だしから相手の流れになり
自ミスが増え一気に離されます。

しかし、大村がミスした分を取り替えし
サイドアウトで徐々に点を縮めます。

中盤から相手のレフトが調子よくなり
早いコンビを組まれ
フェイントやプッシュに対応出来ず
もったいないミスが増え
相手の流れになります。

終盤は徐々に追い上げ
あと一歩のところで
相手のライトにかちこまれ
ゲームセット。

MC
大村→花井

結果1-3で順天堂大学の勝利です。
応援の程、有難う御座いました。

2019年11月28日 【全日本インカレ3日目】VS帝塚山大学

日本体育大学VS帝塚山大学
3-0

1セット目(29-27)
2セット目(29-27)
3セット目(25-22)

◎第1セット目
スタートからシーソーゲームとなります。

相手に1点取られると
野上がライトからストレートに
スパイクを決めすぐに
1点を取り替えします。

相手にリードされるも
稲津のサーブポイント、
ダイレクトを菊地が決め9-9

しかし、相手の左利きにやられ
点差が2点差になります。

終盤も接戦になり
取っては取られの展開で
ここで抜けたい時に
熊井の迫力のあるスパイクで
連続得点。

24-24となり相手に1歩リードされるも
熊井がブロックを利用し
花井が技ありで決め
最後は、塩出が1枚で相手のスパイクを止め
セットを取ります。

MC
菊地→溝口
花井→大村
鎌田→塩出

◎第2セット目
出だしは自分達が慌ててしまい
自ミスをしてしまいます。

相手のミスも増えてきて
花井のサーブポイント、
熊井の迫力のあるスパイクで
点差を広げていきます。

交代で入った大村が
レフトからパワー全開のスパイクを決め
しっかりサーブで崩し
流れが日体大に。

中盤はシーソーゲームになり
相手も拾って、攻めてきますが
負けじとブロックでタッチを取り
チャンスから切り返して
一気にいきます。

熊井がはじいたボールを
溝口の得意の走りでカバーをし
繋いで最後はブロックシャットをします。

デュースの展開になりますが
踏ん張り、菊地のキレのあるブロードを
決め、相手のミスでセットを取りました。

MC
稲津→溝口
花井→中野
鎌田→塩出

◎第3セット目
出だしから絶好調の日体大。
相手に疲れが見えてきました。

序盤は、鎌田のツーや野上の
フェイントが決まり
相手のミスが多くなります。

このセットも絶好調の
菊地はブロードが決まり
ブロックもタッチが取れ
有利な展開になります。

鎌田のナイスディグから
池谷が繋ぎ熊井が決め
会場が盛り上がります。

しかし、徐々に点差を詰められ
焦りも出るが菊地のブロードが
止まらず流れは日体大。

終盤も接戦になりましたが
最後は熊井のスパイクが
決まりゲームセット。

MC
菊地→溝口
鎌田→塩出
花井→中野

結果3-0で日本体育大学の勝利です!
応援の程、有難う御座いました。

2019年11月27日 【全日本インカレ2日目】VS桜美林大学

日本体育大学VS桜美林大学
3-0

1セット目(25-19)
2セット目(25-22)
3セット目(25-16)

◎第1セット目
出だしは相手のスパイクポイントで
ゲームがスタート。

序盤からシーソーゲームの展開になり
自ミスなどありましたが
2年菊地がブロードを決め
4年花井がレフトからチョロを決め
徐々に点を離していきます。

4年池谷がディグをし
崩れても3年鎌田がフォローして
アタッカーに打ちやすいトスを上げ
キャプテン熊井が打ち切り
流れは日体大に。

中盤も4年花井の勢いが止まらず
粘って繋いで攻めますが
相手も負けじとセンターから打ってきて
決められます。

終盤は、野上がライトからキレのある
スパイクを打ち、相手も攻めてきますが
最後は、野上のサーブポイントで
セットを取ります。

MC
菊地→溝口
稲津→岳野

◎第2セット目
1セット目とは違って
出だしから走る日体大。

熊井が床際のボールを上げ
二段トスで池谷が繋ぎ
花井が打ち切ります。

稲津のブロックが機能し
相手のスパイクをチャンスボールにして
切り返して自分達のバレーが出来
相手に焦りが見えます。

中盤は、相手のレフトから決められるが
キャッチが安定していて
菊地がブロードで決め相手に
隙を与えません。

徐々に相手にミスが増え
20点を先に取りますが
終盤で連続失点をしてしまい
追いつかれそうになりますが
何とか踏ん張って
最後は、野上がライトから決め
セットを取ります。

MC
菊地→溝口

◎第3セット目
出だしは野上のスパイクポイントで
ゲームがスタート。

続けて花井がコース奥に狙って
決まり、菊地のブロードが決まります。

自ミスが増えてきましたが
鎌田がダイレクトを止め
稲津がブロックで相手のスパイクを
取ります。

中盤は、ブレイクポイントが増え
相手の空いたところにフェイントや
スパイクを決め、
流れをつかみます。

タイムアウト明けに
サーブで崩せていて
相手に焦りが見え
自分達のバレーで攻めます。

サーブで入った溝口が
ブロックタッチのボールを上げ
繋いで稲津が高さを活かした
スパイクで決めます。

相手も負けじと
攻めてきますが
最後は、相手ミスで
ゲームセット。

MC
稲津→溝口

結果3-0で日本体育大学の勝利です!
応援の程、有難う御座いました。

今までの試合結果を見る

活動トピックス

日体大女子バレー部 サポーターズクラブ

公式twitter

公式facebook

桜の会