ホーム » 試合日程・結果'

試合日程・結果

【2021年度秋季リーグ戦6日目】vs東京女子体育大学

日本体育大学vs東京女子体育大学
3-2
(23-25
25-16)
25-17)
(24-26
15-11)

◎第1セット目
日体大の1点目を取ったのは本日誕生日の大村です!
1点目から大村の力強いスパイクが飛び交います。
ですが序盤は相手のリズムにのまれてしまい
なかなかラリーを自分たちのものにできません。(1-5)
この相手の波にまたもや大村がダイレクトアタックを決めます。

それからも大村のポイントは止まりません。
後衛に下がってからもラインギリギリのサービスエースで点を取ります。
それから石倉の力強いスパイク、江藤の日体大の壁と言われるほどの
ブロックで相手との点差を詰めていきます。(13-13)

追いついた途端にまた相手の点が続きます。
相手の3枚攻撃になかなか対応しきれません。(13-18)
そんな苦しい状況でも全員がボールを落とさないという気持ち
がボールに伝わり少しずつ相手の点にまた近づきます。(18-18)
終盤は自ミスで相手に点を譲ってしまい
惜しくも1セット目を取られてしまいます。

MC 江藤→目黒
大村→大谷
塩出→李

◎第2セット目
2セット目は序盤からいいプレーが続きます。
またブロックの位置どり、手の出し方が良くなり
相手の攻撃をグッドタッチで自分たちの点数に変えていきます。
長いラリーでも最後までボールを落としません。
その粘り強いプレーから自分たちに流れがやってきます。(10-6)

ブロックのグッドタッチによりファーストのボール質が上がったことで
ミドルブロッカー菊地のブロード攻撃が効き
相手のリズムをどんどん崩していきます。
攻守共に安定し、いいプレーも増えてきた日体の雰囲気に
相手も焦りがプレーに出てきます。(14-7)

相手に一点を取られてしまった時も
貝塚の安定したレセプションが
チームのリズムを元に戻します。
後半20点以降は大村のサービスエースが2本連続で続き
完全に日体大が波に乗ります!(20-12)
石倉の相手のブロックを利用した攻撃と
菊地のサービスエースでとどめをし
最後は相手ミスで2セット目を取り返します。

MC なし

◎第3セット目
3セット目は2セット目のいい流れを崩さないまま
日体大のブレイクポイントが続きます。
大村のストレートのブロックアウトに続いて
石倉のサービスエースです!(1-4)

ですがここでライトからのインナーに流れを断ち切られてしまい
3点差をじわじわと相手に詰められます。(7-7)
それから中盤に差し掛かり、先に流れを掴んだのは日体大です!
菊地のドシャットブロックが日体大に流れを呼びます。
また菊地のブロックに続き、石倉のナイスディグ、廣瀬の
ナイススパイクで点瀬をつけていきます。

ここでメンバーチェンジです。
塩出と丸岡、大村と大谷の2枚替えです。
この2枚替えで更に日体大の波を加速させます!
丸岡の早い攻撃で相手のテンポを崩して
大谷のナイスディグで長いラリーを制します!
終盤は大村の冴えた攻撃で相手にボールを触らせることなく
コートにスパイクを打ち込み3セット目を取ります。

MC 塩出→丸岡
大村→大谷

◎第4セット目
序盤から中盤まで両者どちらも譲らない
展開が続きます。
相手に点を取られては取り返してと
追いかけられたり、追いかけたりで集中を切らしません。
このリズムから先ブレイクポイントを取ったのは日体大です。

相手のサーブミスから自分たちのブレイクポイントとなります。
ですがすぐに相手にもブレイクポイントが入り
また同点に追いつきます。(17-17)
20点を超えてからもせった展開となり
1点リードしたまま、常に追いかけられます。

このまま逃げ切りたいと思いましたが
最後24-23から相手スパイカーの攻撃にやられてしまい
逆転を許してしまいます。(24-25)
最後は相手レフトアタッカーにインナーに
決められてしまいセットを落としてしまいます。

MC 江藤→目黒
塩出→李
大村→大谷
塩出→李

◎第5セット目
最終セット5セット目キャッチからスタートとなります。
1点目から江藤のプッシュで始まります。
5セット目も4セット目の流れから
点を取っては取られての展開です。(5-5)
5点を超えてから日体大が流れを掴みます。

江藤の早い攻撃に続き、竹内のナイスディグからの石倉にかち上げ
塩出のサービスエースが4点続きます。
相手に点を取られてもすぐに立て直し、
相手ブレイクを許しません。(9-6)

最後の一点の前に塩出と李のメンバーチェンジがあり
李の高いブロックで相手スパイカーにプレッシャーをかけたことで
相手がスパイクをアウトにしてくれ、
ゲームセットです。

MC 江藤→目黒
塩出→李

結果3-2で日本体育大学の勝利です。
応援の程有難う御座いました。

【2021年度秋季リーグ戦5日目】vs嘉悦大学

日本体育大学vs嘉悦大学
3-0
1セット目(25-14)
2セット目(33-31)
3セット目(25-20)

◎第1セット目
レフトからの攻撃を相手にブロックシャットされてしまう
1点目となり出だしは少し不安でしたが
次の1点から大村の相手を前後に揺さぶる攻撃で
リードしていきます。
また、その大村の攻撃に続き石倉,廣瀬と相手のブロックを吹き飛ばすほどの
力でスパイクでポイントを取っていきます。(7-3)

相手のレフトからの攻撃に対応しきれない場面でも
菊地の冷静なプレーがチームに流れを呼びます。
大村も後衛ですがバックからも攻撃を仕掛けていきます。
集中を切らすことのないプレーで相手のミスを誘い出します。
ここで菊地のサービスエースです。(12-6)

中盤からも日体大の流れは崩れません。
江藤のライトからの攻撃で相手も対応しきれず
どんどん点差を離していきます。
ここでまたもや塩出のサービスエースです。(15-8)
ブレイクが続く中で、江藤と塩出のナイスコンビが
波をどんどん引き寄せます。(18-8)

相手のレフト攻撃に少しやらる場面が続いてしまいますが
石倉の相手のコートの誰もいない場所をついた
チョロで相手の流れを断ち切ります。(20-10)
ここでまたまた石倉のサービスエースです。
このセットだけでサービスエース3本目です。
最後は丸岡の中からの攻撃で1セット目先取です。

MC 江藤→目黒
塩出→丸岡
大村→大谷

◎第2セット目
出だしはせった展開になります。
相手のレフト攻撃にまたもや翻弄されてしまいます。(4-4)
ですが村田のスパイクポイントからブレイクを取ります!
相手ミスを誘い、さらに石倉のブロックでリードしていきます。(9-4)

いい流れでしたがここで相手のブレイクポイントが続きます。
相手にブロックシャットされ、自ミスが続きます。(9-8)
ここで石倉が冷静なプレーで相手の波を断ち切ります。
ここからは点を取っては取られての展開が続きます。(20-20)

後半になってもせった展開が続きます。
吉田のタイミングをずらしたフェイントで一点リードしますが
相手のブロックにやられてしまいます。
それぞれのアタッカーが点を取りますが
相手にリードを許してしまいます。(27-29)

デュース状態が続き相手にセットポイントを取られてしまう場面も
ありましたが、全員が攻めの姿勢を崩さなかったことで
最後は村田のブロックを利用した攻撃と廣瀬の高い打点からの
攻撃で2セット目を取ります。

MC 石倉→吉田
江藤→目黒
村田→廣瀬

◎第3セット目
出だしの1点目から相手のサーブミスのより日体大のポイントです。
またそこから石倉のサーブが効き、
廣瀬のダイレクト、江藤のダイレクトとポイントが続きます。(4-0)
試合の中盤に差し掛かってから3セット目2回目のブレイクポイントが続きます。
ここでも1セット目のように塩出と江藤のナイスコンビで
チームを引っ張っていきます。
その流れで塩出本日2本目のそービスエースを取ります。(15-5)

ですがここで相手のレフトからの攻撃で
ブロックを利用されてしまい相手ポイントが増えてしまいます。
そこで大村の力強いスパイクが決まり少しずつ日体大も調子を取り戻します。(19-13)

20点以降の終盤は取っては取られての展開となりますが
菊地のライトからの攻撃と
大村の相手に有無を言わせない攻撃で
ゲームセットです。

MC 江藤→目黒
塩出→李
大村→大谷

結果3-0で日本体育大学の勝利です!
応援の程有難う御座いました。

【2021年度4日目秋季リーグ戦】vs国士舘大学

日本体育大学vs国士舘大学
3-1
1セット目(25-20)
2セット目(25-21)
3セット目(25-15)
◎第1セット目
1セット目はキャッチからのスタートです。
1点目から江藤のプッシュで点を取り、ブレイクが続きます。
また、粘り強いプレーで相手のミスを誘います。
相手ミスにプラスしてミドルの攻撃が効き
どんどん自分達の流れを掴みます。(6-2)
たまらず、国士舘大学もタイムアウトを取ります。

ですが、タイム明け以降も日体大は集中を切らしません。
流れを断ち切られることなくセット中弁に差し掛かります。
ブロックの位置取りをしっかり徹底できたことで
自分達のリズムで攻撃展開ができると同時に
攻撃の幅を広げられ、相手に一度もリードを許すことなくセット終盤です。(20-13)

セット終盤に入ると相手の粘り強いプレーに耐えられず、少し自ミスが増えだします。
ですが、ここで相手の良い雰囲気をスパイカー江藤のモンスターブロックが断ち切ります。
最後の1点は廣瀬のナイスコースでセットを取ります。

MC 塩出→丸岡
大村→袋
廣瀬→吉田

◎第2セット目
1セット目の勢いでは2セット目に入ることができず、
相手のライト攻撃に点を取られてしまいます。
相手に大きくリードされる前に石倉のナイスディグからの
大村のナイスブロックで点を取り返していきます。

相手のチョロに対応しきれず、相手に崩されてしまい
点を取っては取られての展開を抜け出せないまま
セット中盤に差し掛かります。(13-12)
相手ライトからの攻撃に対応が遅れてしまいますが
点を取られた分、大村のスパイクで取り返します。

中盤の石倉のサービスエースからスイッチが入ります。
菊地のワンレグからの強弱ある攻撃で相手の人の
居ないところをボールを落とし、リードしていきます。
最後は2枚替えでの塩出と菊地のコンビが合い
ワイドからの攻撃で2セット先取です。

MC 江藤→目黒
塩出→李
大村→袋

◎第3セット目
3セット目の出だしから大村の相手の意表をついたスパイクで
チームに流れを呼びます。
また大村に続き、廣瀬の高打点からの攻撃でも相手の点差を広げます。(8-4)
相手の攻撃に1本目を乱されようと二段トスで
しっかり修正し大村の力のこもったスパイクで仕留めていきます。

さらに続けて大村のブロックポイントが光ります。
相手も日体大のブレイクを止めることができず
セットは中盤です。(13-6)
ここで少し自ミスが続き相手ポイントを取られてしまいますが
菊地の相手を前後に揺さぶる攻撃が効き、連続3ポイントを取ります。(17-9)

20点以降も集中力が続きます。
石倉の攻撃と菊地のサービスエースで完全に自分達の
リズムで進んでいきます。(22-12)
相手スパイカーにブロックを利用されながらも
繋ぎで補い、石倉が1点を取り返します。
最後は塩出のサービスエースでゲームセットです。

MC 塩手→李

結果3-0で日本体育大学の勝利です!
応援の程、有難う御座いました。

【2021年度秋季リーグ戦3日目】vs松蔭大学

日本体育大学vs松蔭大学
3-1
1セット目(25-17)
2セット目(23-25
3セット目(25-9)
4セット目(25-15)
◎第1セット目
1セット目の序盤はなかなか自分達のバレーボールをするのに
時間がかかり相手にポイントを多く取られてしまいます。
自ミスが目立つ展開となりましたが、中盤に差し掛かる頃には
調子を戻しいつも通りのプレーで相手の点数に追いつきます。(7-7)

それから江藤のナイススパイクに続き、
塩出のサーブで相手を崩し、石倉のダイレクトアタックで
チームに流れを呼びます。
廣瀬のナイスコースなスパイクで相手と5点差をつけて
相手タイムアウトです。(15-10)

タイム明けでも集中を切らすことなく
大村のかちこみスパイクでさらにグッと集中力が高まります。
ここで2枚替えで丸岡と袋にメンバーチェンジします。
コートに入ってすぐの丸岡の攻撃で点が走り、ブレイクポイントとなります。
さらにここで廣瀬から吉田にメンバーチェンジです。
さすがは本日9月18日誕生日の吉田、ナイスディグで
チームの守りを引っ張ってくれます。(20-14)

丸岡と袋のナイスコンビで相手のリズムを断ち切ります。
最後は江藤のBクイックと大村のブロックポイントで
1セット目先取です。

MC 塩出→丸岡
大村→袋
廣瀬→吉田

◎第2セット目
2セット目は1セット目の自分達の流れを維持したまま
いい雰囲気でのスタートです。
大村、江藤とともに連続でブロックポイントを取ります。
ですが序盤が終わる頃に自ミスが続いてしまい
相手のブレイクポイントを取られリードを許してしまします。(4-9)

中盤に入ってからもなかなか相手チームとの点差を縮められません。
ですが、後半に入る前少しづつ自分達のリズムを取り戻します。(15-17)
石倉の攻撃が効き、相手のリズムを崩します。
相手ミスが増え、どんどん相手との点差を縮め
20-20で追いつきます。

ここで、追い越すと思いきや
自ミスが続いてしまい相手ポイントが続きます。
最後は相手の真ん中プッシュに対応できず、相手にセットを取られてしまいます。

MC 塩出→李
大村→袋

◎第3セット目
第3セット目の序盤は2セット目の雰囲気を感じさせない
攻めの姿勢で大きくリードします。(6-3)
大村のフェイント・サービスエース、バックアタックで
連続3ポイントを取ります。
ここでさらに菊地のワンレグで相手のリズムをどんどん崩していきます。

たまらず松蔭もタイムアウトを取ります。
ですがタイム明けも集中力を切らさず
大村2本目のサービスエースが光ります。(9-3)
全く相手の流れを渡さないまま終盤に入っていきます。

終盤で江藤から目黒にメンバーチェンジです。
ここで目黒サービスエースです。
この一本でチームが最高に盛り上がります。(23-8)
最後は2枚替えで入っていた丸岡のストレートのブロックアウトで
25-9の大差を付け、3セット目を取り返します。

MC 塩出→丸岡
大村→袋

◎第4セット目
4セット目の出だしは江藤のブロックとダイレクトで始まり
とてもいい雰囲気です。
ですが相手も負けじと前後に揺さぶる攻撃で
せった展開が続きます。
相手のプッシュと自ミスで少しリードされてしまいます。
ですがここで石倉のスパイクとブロックの3点連続ポイントを境に
雰囲気が一転します。

江藤、大村、石倉の強弱のある攻撃で
相手も対応しきれず、連続5ポイントどんどん相手との点差を広げます。
相手との点差が開きプレーにも余裕が出てきます。(17-8)
ここで江藤と目黒のメンバーチェンジです!

目黒のサーブで相手を崩し、廣瀬、菊地ともに
自分達の攻撃を仕掛けてどんどん点数を稼ぎます。
最後2点は塩出のツーアタックと石倉の相手の隙をついたスパイクで
ゲームセットです。

MC 江藤→目黒
塩出→李

結果3-1で日本体育大学の勝利です!
応援の程、有難う御座いました。

【2021年度秋季リーグ戦2日目】vs大東文化大学

日本体育大学vs大東文化大学
3-0
1セット目(25-17)
2セット目(25-19)
3セット目(25-7)

◎第1セット目
まず最初の1点目は江藤の鋭いクイックで始まります。
序盤から菊地と大村の相手の意表をついた攻撃で
どんどんリードしていきます。
更にそこに廣瀬のサーブで追い討ちをかけていきます。(10-3)
1セット目はミドルブロッカー陣を筆頭に
一切の隙を与えることなく点を稼いでいきます。

13点のテクニカルタイムアウト後の
塩出のサービスエースでタイム後からもリズムの良い
試合運びになります。
点差が大きく開いたため、大東文化大学もたまらず
タイムアウトを取ります。(18-9)

タイムアウト後一回で流れを切られてしまいますが
すぐに立て直し、廣瀬と江藤のスパイクで
更にリードしていきます。(21-10)
ここで丸岡と袋が2枚替えでメンバーチェンジです。
このままの流れでいきたいという欲により
少し空回りしてしまいます。

更に相手のスパイカー達も調子も上がり、
相手にブレイクを取られてしまいます。
ですが、廣瀬のバックアタックで上手く一点を取り返し、
1セット目ゲームセットです。

MC 塩出→丸岡
大村→袋

◎2セット目
序盤から相手のスパイクミスを誘い出だしは良い雰囲気です。
ですが、1セット目から切り替えてきた相手チームに
少し対応が遅れてしまい、1点を取っては取り返す状況が続きます。
中盤に差し掛かる時に廣瀬の高い打点からの鋭角なスパイクが決まります。
この1点がチームに流れを呼びます。(11-9)

それから大村のサービスエース、菊地のワンレグ
石倉の強靱なブロックで連続得点をもぎとります。
それからは江藤と塩出のナイスコンビ、
大村の相手を吹き飛ばすほど強いバックアタックで終盤に入ります。

ここで目黒がメンバーチェンジで入ります。
サーブで相手を崩すも、力の強いスパイクに1点を取られます。
最後は自ミスが少し目立ちましたが
本日絶好調の菊地と廣瀬の攻めきった攻撃で2セット目取りました。

MC 江藤→目黒

◎3セット目
3セット目は序盤から日体節が続きます。
1点目から大村が調子を上げていきます。
続いて廣瀬のスパイク、江藤のプッシュ、またもや大村のフェイントと
相手を前後に揺さぶる攻撃で1点も取らせないまま8点連続得点を取ります。(8-0)

中盤に入ってからも集中を切らすことなく相手に1歩も譲りません。
石倉、菊地、塩出のモンスターブロックで相手の攻撃をシャットします。
ここで廣瀬のサービスエースが2本続きます。
完全に日体大の波に乗ります。(19-3)

相手に崩された展開でも、竹内の2段トスで体勢を整え
大村の攻撃に繋げます。
最後に大村とメンバーチェンジで李が入ります。
李の大きいブロックで相手にプレッシャーをかけて
最後は江藤の力強いスパイクでゲームセットです。

なし

結果3-0で日本体育大学の勝利です!
応援の程、有難う御座いました。

【2021年度秋季リーグ戦1日目】vs日本大学

日本体育大学VS日本大学
3-1
1セット目(27-25)
2セット目(25-19)
3セット目(18-25
4セット目(25-23)
◎1セット目
秋季リーグ戦の出だしは大村のスパイクポイントで始まります。
出だしはとても流れよが良く、
このままの勢いで1セットを勝ち取って欲しかったのですが
そう簡単にはいきません。
中盤では相手のブレイクポイントと自ミスによって
リードしていた点数がひっくり返されてしまいます。(8-13)

ですが後半に差し掛かる前に塩出のモンスターブロックと
菊地のサービスエースでチームの流れを取り戻します。(16-18)
やっと追いつけると安心した瞬間に相手スパイカーに
流れを切られてしまいます。(21-22)

20点を超えると自分達のバレーができず、焦ってしまい
相手にセットポイントまで追い詰められます。(21-24)
ですが、相手ミスから雰囲気が一変し
廣瀬のスパイクポイント・竹内のナイスカバーで
同点まで追いつきます。(24-24)

それから怒濤の逆転劇で塩出と菊地のナイスブロック、
最後にはメンバーチェンジで入った吉田のサービスエースで
1セット目を取りました。

MC 廣瀬→吉田

◎2セット目
2セット目はサーブからのスタートです。
1点目は日体側のコンビミスからスタートします。
ですが、めげずにもう一度コンビで攻撃して1点を取り返します。
序盤から石倉のサービスエース、廣瀬の高い打点からの鋭角な攻撃、
パワーヒッター大村による多彩な攻撃で相手に一切隙を与えません。(9-4)

序盤から中盤まで自分達のリズムで試合を構成できていましたが
15点を超えたところで相手のブロードと
ライトからの速い攻撃に翻弄され始めます。(15-11)
ここで江藤から目黒にメンバーチェンジです。
コートに入って1本目のサーブで目黒のサービスエースが光ります。(18-12)

セット終盤に袋と丸岡の2枚替えです。
丸岡が決定率100%の攻撃でチームを盛り上げます。
さらに石倉のモンスターブロックで追い討ちをかけ
最後は相手のサーブミスでゲームセットです。

MC 塩出→丸岡
大村→袋

◎3セット目
3セット目ではアウトサイドに廣瀬から村田に変わります。
序盤は相手のブレイクと自ミスによりなかなか上手く
試合を展開できません。(3-7)
相手のスパイカーに上手くブロックを利用されるケースが多く
自分達の攻撃まで繋ぐのが難しい状況が続きます。

ですが中盤になると江藤のダイレクトで
コート上が盛り上がりを見せます。(8-10)
続けて村田のスパイクポイント、大村のナイスサーブで
自分達の流れを取り戻しつつも
相手も負けじと攻撃してくるため、取っては取られての展開となります。

相手が20点を超えると、相手の波に乗った
サーブに対応できず、点差をつけられたまま
相手にセットポイントを取られてしまいます。(18-24)
最後は相手ミドルブロッカーにCクイックを決められゲームセットです。

MC 江藤→目黒

◎4セット目
4セット目は1セット目のメンバーでのスターティングメンバーでスタートです。
1点目から石倉のナイスブロックから始まります。
序盤は3セット目の雰囲気が長引いてしまい
相手ポイントが多い展開となります。(3-6)
ですが、相手が10点を超えたところで日体側にも火がつき始めます。
菊地のワンレグの3点連続ポイントで相手との距離をグンと縮めます。

続けて石倉の相手のブロックを利用した攻撃で
壁までボールを吹き飛ばしチームに流れを呼びます。
それから江藤のブロック、廣瀬のバックアタック
塩出のブロック、大村の勝ち込んだスパイクで連続ポイントが続き
相手の点数と並びます。(12-12)

ここで本日2度目の2枚替えで丸岡と袋が入ります。(14-14)
2セット目から続く、丸岡の調子は止まりません。
決定率ほぼ100%の攻撃で相手を翻弄します。
ここでまたまたメンバーチェンジで廣瀬から吉田に変わります。
攻めの姿勢を崩さず攻撃するも、相手との一歩も
譲らない展開が続き終盤にもつれ込みます。(20-20)

20点を超えて前衛にいた菊地と廣瀬の攻撃で点を稼ぎ、
相手ミスを見事に誘い、最後は
相手スパイカーのミスでゲームセットです。

MC 大村→袋
塩出→丸岡
廣瀬→吉田

結果3-1で日本体育大学の勝利です。
応援の程、有難う御座いました。

【2021年度国民体育大会関東ブロック予選】vs埼玉上尾メディックス

日本体育大学VS埼玉上尾メディックス
0-2
1セット目(20-25)
2セット目(17-25)
◎1セット目
試合の動きだし1点目は3年大村の力強いスパイクから始まります。
それから大村のブロック・江藤のサービスエースで
自分たちの流れを掴みます。(3-1)
そこで相手のスパイカーにブロックを利用されてしまい
いい流れを断ち切られます。
ですが、相手のサーブミスと1年廣瀬のスパイクにより
また自分たちの流れを取り戻します。(5-3)

試合の中盤(11-11)までは、点を取っては取られての展開となります。
それからは少しずつ相手のいいプレーに
リードしていたはずの点数がひっくり返ってしまいます。
たまらず、タイムアウトを取ります。(13-12)
それからも相手のいい波を断ち切ることができず
さらに自分たちのミスも増えてきます。

20点以降の後半では大村のスパイクで
いい流れを作りますが
相手の技量に力およばず最後は村田の
スパイクミスで1セット目を取られます。

MCなし

◎2セット目
最初の1点目は日体のスパイクミスから始まります。
出だしが少し不安定でしたが
粘り強いプレーでしてのミスを誘います。(3-4)
ですが相手チームも隙を与えないように
体勢を整え自分たちのリズムを取り戻し
ブレイクを取られてしまいます。(6-10)

相手ブレイクに負けじと自分たちも
相手ミスと江藤のナイススパイクでブレイクをとります。
ここで日体がメンバーチェンジで二枚替えをします。
2セット目終盤に差し掛かると
村田の力あるかち上げスパイクと石倉のワイプアウト
菊地のナイスキーなスパイクで相手から一点一点
もぎ取っていきます。

相手が20点を超えてからも江藤のスパイクと
石倉のサーブで相手の点数に追いつこうと頑張ります。
ですが最後は相手のアウトサイドに
点を取られてしまい、ゲームセットです。

MC 塩出→廣瀬
  大村→袋

結果0-2で埼玉上尾メディックスの勝利です。
応援の程、ありがとうございました。

【2021年度国民体育大会東京都予選】vs GSSサンビームズ

日本体育大学VS GSSサンビームズ
2-1
1セット目(25-21)
2セット目(18-25
3セット目(25-21)
◎1セット目
1点目は石倉の力強いスパイクで試合開幕です。
序盤は廣瀬・石倉・大村のスパイクが決まり
自分たちの流れで攻撃を展開してきます。
ですが、だんだんと自ミスが目立ち
相手に追い越されてしまいます。(7-9)

中盤に差し掛かると大村と石倉のスパイクと江藤のブロックで負けじと
粘り強く相手に食らい付いていきます。(9-9)
それからは両チームとも集中しており
自分たちが点を取っては相手のチームが点を取って
取っては取られての展開が続きます。
15点が過ぎてからは日体大がブレイクをとり
完全に日体大の流れです。(20-19)

自分たちのリズムを崩さないように安定した大村のスパイク
高打点からの鋭角な廣瀬のスパイクと体重の乗った石倉のサーブが決まり
少しづつ確実に点数を稼ぎます。(23-20)
ここで目黒と李がメンバーチェンジします。
最後は李の相手のいない場所をついたスパイクでセットをとりました。

MC 目黒→李

◎2セット目
2セット目の出だしも石倉の相手の意を突いたプッシュで一点を先取します。
ですが自ミスと相手の技術に圧倒され
どんどん点差を引き離されてしまいます。(6-13)

中盤になると相手の自ミスが増え、自分たちのチャンスがやってきます。
ですが、自分たちのミスも増え点差を引き離されたまま後半となります。
ここで廣瀬と村田がメンバーチェンジをします。
ここから村田が調子を上げ、ブレイクポイントを取ります。(13-18)
しかし、思うようにブレイクが続かず
相手のブレイクポイントが続きます。(14-23)

終盤は江藤、石倉、大村、村田とキレのあるスパイクで
点を稼ぎ調子を上げていきますが、
相手のブロックアウトで2セット目を取られます。

MC 廣瀬→村田

◎3セット目
最終セットはトスミスから始まってしまい
相手チームに一点先取を許してしまいます。
序盤は思うように自分たちのいいプレーが出せず
どんどん点差を放されてしまいます。(5-10)

ですが石倉のスパイクが走り自分たちのチームもブレイクポイントを取ります。
中盤は石倉のサービスエースが2点も走り完全に
自分たちの流れを取り戻します。(14-13)

後半に差し掛かると塩出のブロックで相手の攻撃を遮ります。
20点を超えると菊地のスパイクで相手の点を追い越します。
石倉のスパイクで相手を追い詰め、江藤のブロックでゲームセットです。

MC なし

結果2-1で日本体育大学の勝利です。
応援に程、有難う御座いました。

【2021年度春季リーグ戦1日目】vs嘉悦大学

日本体育大学VS嘉悦大学
3-0
1セット目(25-12)
2セット目(25-10)
3セット目(25-15)

◎第1セット目
キャッチからのスタートとなりましたが
相手のアウトポジションで1点目を取ります。
それから石倉のサービスエースで一点を取り
完全に自分たちの流れを掴みます。
追い討ちをかけるように菊地のワンレグで得点を稼ぎます。

アウトサイド・オポジット・ミドルブロッカーともに
絶好調で自分たちのリズムを崩しません。
ブレイク中の石倉のサーブミスから
切り替えに時間がかかり相手のブレイクが続きます。
ですが村田のナイススパイクで自分たちの流れを取り戻します。(5-3)

それからはセットを取るまで
集中を切らすことがなく連続得点が続きました。
相手に隙を見せることなく
最後は菊地の相手コートの
人のいない場所をついたスパイクでセットを取りました。

MC 江藤→貝塚

◎第2セット目
出だしから石倉のスパイクと
大村、村田のブロック等々が走り
相手との点差をどんどん離します。(8-1)

中盤になると相手のポイントが増え
点を取っては取られての展開です。
流れを変えるためにメンバーチェンジをします。
早い攻撃が持ち味の丸岡の攻撃により
ガラッとコート内の雰囲気が変わります。

20点以降は集中力が続き連続4ポイント取ります。
最後は塩出と江藤のナイスコンビでセットを取りました。

MC 村田→吉田
大村→大谷
塩出→丸岡

◎第3セット目
出だしから相手のスパイクミスで始まります。
1・2セット目のようなブレイクが続く場面は少なく
コツコツと相手との点差を離していきます。

少しずつ自ミスの数が増えますが
その分スパイクで得点を取り返します。
セット中盤に村田と廣瀬がメンバーチェンジします。
廣瀬のガッツあるレシーブと高い打点からのバックアタックで
チームが盛り上がります。

セット終盤ではブロックが効き
最後は廣瀬の相手のブロックにかちこんだ
スパイクでセットを取りました。

MC 村田→廣瀬

結果3-0で日本体育大学の勝利です。
応援の程、有難う御座いました。

全日本インカレ3日目VS順天堂大学

日本体育大学vs順天堂大学
2-3
1セット目(25-22)
2セット目(22-25)
3セット目(25-13)
4セット目(21-25)
5セット目(10-15)
◎第1セット目
相手に手間を攻められ一点目は取られてしまいますが
大村が真ん中にプッシュで攻め点を獲ります
相手に攻撃の主導権を握らせてしまい
3-7でゲームスタートです。

村田が得意のインナーに決め
菊地がブロックでポイント
鎌田がサーブでポイントし流れを掴みます。
菊地のブロードが機能したところで
鎌田はツーで点をとっていきます

20点台に乗るまで2点差をつけられていましたが
野上が得意コースにかちこみ
村田が相手のエースをブロックで仕留め逆転
岳野のサービスエースでマッチポイント
最後は相手のミスでセットを獲ります

MC
ハンダ→岳野

◎第2セット目
スタートから相手のミスが続きます
ハンダがブロックアウト
菊地がブロードを決め5-4でゲームスタートです
中盤は自ミスが続きなかなか流れを掴めず
苦しい展開です

ここでメンバーチェンジ、2枚替えです
2枚替えで入ってきた江藤がブロックプレッシャーを
かけていきます
塩出も高さを生かしトスを持っていきます
ネットに近いボールもハンダへナイストス
Aクイックをしっかり決めていきます

村田がナイスコースにかちこみ
ブロックを使ってかち上げ点数をかせいでいきます
栗栖のナイスレシーブから
菊地がブロードに走りしっかり決めていきますが
最後は自ミスでセットを取られてしまいます

MC
野上→塩出
鎌田→江藤
ハンダ→岳野

◎第3セット目
3セット目はハンダのパワーある速攻、
そして、2本連続大村がサービスエース
3-0でゲームスタートです

相手の隊形をしっかり見てハンダ、菊地が
真ん中にプッシュで決めていきます
サーブで攻め、相手のミスを誘います

決められても次々切り替え
野上のブロック、かち上げで点を獲ります
ハンダの勢いは止まらずナイスコースに決めていきます
最後もハンダの速攻が決まりセットを取ります

◎第4セット目
4セット目もハンダの勢いは止まりません。
高さを活かし速攻を決めていきます
そして、大村のサービスエース
5-1でゲームスタートです

中盤、自ミスが続き流れを掴みきれません
3点差をつけられ追いかける展開となりました。
だんだん対応されなかなかボールを落とすことが出来ません。

大村が場所を変えセンターセミから決め
ハンダも速攻を決めていきますが
最後は、シャットされセットを取られます。

MC
野上→塩出
鎌田→江藤
ハンダ→岳野

◎第5セット目
相手に決められゲームがスタートしますが
こちらも野上が絶妙なコースに決めていきます
村田が決め、菊地がブロードを決め一点リード
大村が相手のエースを止めひっくり返します

相手も負けじと決めてきます
自ミスが続き2点差をつけられます

野上がブロックを使ってしっかり
決めていきます
最後はシャットされゲームセットです

MC
ハンダ→岳野

結果2-3で順天堂大学の勝利です。

全日本インカレ2日目VS長崎国際大学

日本体育大学VS長崎国際大学
3-1
1セット目(25-16)
2セット目(25-14)
3セット目(24-26)
4セット目(25-22)
◎第1セット目
相手のミスからゲームスタートです。
大村が序盤から
サービスエースをとりリード
野上もライトから相手をよく見たプレーで
点差をひろげていきます

大村が中に切り込み相手の
コートのど真ん中にかちこんでいきます
リードしても粘り強く拾い
プレッシャーをかけ相手のミスを誘います

終盤メンバーチェンジで入ってきた
江藤が硬いブロックでポイントします
最後は大村が得意コースにかちこみ
セットを獲ります

MC  ハンダ→岳野
   野上→塩出
   鎌田→江藤

◎第2セット目
ブロックを利用され相手に
決められてしまい0-3でスタート
大村がライトからかちあげ
一点目をとります

村田が前後の揺さぶりをかけ
相手を翻弄します
徐々に相手のミスが増えてきたところ
村田がブロックポイント
相手も思わずタイムアウトです

中盤はサーブが走り
ブロックの的が絞れたところを
ハンダがしっかりブロックでしとめていきます

終盤も日体大の勢いは止まらず
最後は菊地のサーブポイントで
セットを取ります。

MC  野上→塩出
   鎌田→江藤
   村田→吉田
   大村→石倉

◎第3セット目
一点目は大村のかち上げで
点数を取ります。
不意をつかれ相手にツーを決められてしまいます。

序盤から中盤にかけてフェイント
プッシュを決められる回数が増え
流れをなかなか掴めません

相手も必死に繋いできますが
野上が得意コースにかちこみ
点をとります

追いつかれ、追い越されてしまいますが
菊地が得意のワンレグで決めていきます
最後は、ネットインが取れず
セットを取られます

MC  野上→塩出
   鎌田→江藤
   村田→岳野

◎第4セット目
大村が得意コースに決め
ゲームスタートです
相手も負けじとスパイクを決めてきます
自ミスも増えてきて
3点差をつけられてしまいます

中盤も点差が縮まることはなく
終盤に差し掛かります
ここ1本きりたいとき
野上のスパイクがひかります

栗栖のナイスレシーブから
鎌田のナイストス
4年生の想いを1年生村田がしっかりと
受け止めスパイクを決めていきます
最後は大村が決めゲームセットです

MC  なし

結果3-1で日本体育大学の勝利です!
応援の程、有難う御座いました。

全日本インカレ1日目VS嘉悦大学

日本体育大学VS嘉悦大学
3-0
1セット目(25-9)
2セット目(25-22)
3セット目(25-13)
◎第1セット目
一点目は大村がライトから
持ち前のパワーで点数を取ります
序盤はサーブが走り
作戦通りゲームが展開されました

中盤、大村のスパイクポイント
強化してきたブロックポイントが入ります。
さらに、菊地のサービスエースが続きます。
終盤にかけて繋ぎがとても良くなりました。

スパイクポイントが続き油断したところで
鎌田がツーを決めていきます。
ここまでで9連続ポイントの大ブレイクです。
最後は高さのあるブロックでしとめ
セットを取ります。

MC なし

◎第2セット目
1セット目は大差でセットを取ったので
その勢いのままいきたいところ
一点目は大村がフェイントを決め
ゲームがスタートしました。

序盤は村田の得意コースにスパイクを決め
点差を離していきます。
タイム明けから自ミスが続きますが
野上が得意コースに打ち込み
流れを渡しません。

終盤メンバーチェンジで入ってきた
吉田がストレートにかちこみ
点を獲っていきます
最後は石倉が持ち前のパワーを発揮し
点を獲りセットをとります

MC 村田→石倉
大村→吉田
鎌田→塩出

◎第3セット目
出だしから自ミスも少々見えましたが
野上が切り込みしっかりと
決めていきます
菊地と村田の共栄コンビの
息のあったプレーで一点獲っていきます

中盤大村がドライブサーブで
2点連続サービスエースをとり
流れは一気に日体大です

強化してきたサーブとブロックで
プレッシャーをかけることが出来
相手のミスを誘います

終盤メンバーチェンジで入ってきた
江藤のブロックが光ります
最後は相手のミスでゲームセットです

MC 野上→塩出
鎌田→江藤
村田→岳野

結果3-0で日本体育大学の勝利です!
応援の程、有難う御座いました。

2020年11月14日【2020年度秋季リーグ戦代替大会10日目】VS日本女子体育大学

日本体育大学VS日本女子体育大学
3-1
1セット目(25-23)
2セット目(23-25)
3セット目(25-14)
4セット目(25-19)
◎第1セット目
序盤から全体的に相手をよく見て
攻めることが出来ています
鎌田に続き大村もサービスエースをとり
流れを一気に掴みます。(14-8)

中盤、菊地ガブロックをうまく利用し
点数を稼ぎます。(20-14)
終盤相手に決められ押され気味になりますが
しっかり我慢ができ
最後は野上のかち上げでセットを取ります。

MC ハンダ→岳野
村田→吉田

◎第2セット目
出だしから一気にいきたいところですが
プッシュやかち上げでなかなかリズムが作れず
点差を離されます。(7-11)

中盤点差をつめたいところですが
なかなかゲームが動きません。
そこでセッター鎌田に変わり
高さのある塩出が入ります。

終盤にかけ野上のスパイクがはしり
点差を縮めますが
最後は相手にかちあげられセットを落とします。

MC 鎌田→塩出
吉田→村田
ハンダ→岳野

◎第3セット目
出だしからサーブミスが続きますが
野上のかち上げと菊地のブロックポイントで
2点差をつけます。(5-3)

大村が得意コースにかちこみ
村田のバックアタックが決まり
雰囲気は完全に日体大です。

終盤岳野のノータッチサービスエースで
更に盛り上がります!(18-10)
メンバーチェンジで入ってきた吉田も
安定したパスでリズムを作ります。
最後は粘り勝ちでセットを取ります。

MC ハンダ→岳野
村田→吉田

◎第4セット目
3セット目の勢いを殺さずに突き抜けたいところ
出だししっかり集中していきます。
本日調子が良いハンダのスパイクが
決まり序盤から流れを掴みます。

相手のミスをきっかけにブレイクを取ります。
大村のブロックを使った攻撃と
菊地がプッシュで相手のリズムを崩します。
相手のワンレグを大村が仕留め
日女一回目のタイムアウトです。

タイムあけも油断することなく点差を開きます。
終盤自ミスが続きますが
ハンダのスパイクで1本きります。
最後は菊地がブロードを決めゲームセットです。

MC ハンダ→岳野
村田→吉田

結果3-1で日本体育大学の勝利です。
応援の程ありがとうございました。

【2020年度秋季リーグ戦代替大会9日目】VS筑波大学

日本体育大学VS筑波大学
1-3
1セット目(25-22)
2セット目(17-25)
3セット目(22-25)
4セット目(21-25)
◎第1セット目
出だしから粘り強い守りと
スパイカー勢の勢いのある攻撃で得点を重ねます。
自ミスが続き流れを渡しそうになりますが
ハンダのナイススパイクと
村田のブロックを使った
上手い攻撃でリードします。

つけた2点差を離すことは出来ず
中盤は取って取られてと互角の状態が続きました。
後半にかけ前後の揺さぶりをかけた
攻撃で相手のリズムを崩します。

終盤は塩出のツーアタックに続き
アウトサイドの大村と村田の
ガッツあるプレーで点差を離します。
最後は菊地の得意とするブロードで
セットを取ります。

MC ハンダ→岳野

◎第2セット目
序盤からハンダの高さを活かした
ブロックで勢いをつけます。
しかし、中盤でミスが続き
点差を離されてしまいます。

2枚替えで入ってきた目黒が
得意のブロードで流れを変えていきますが
最後は自ミスでセットを落とします。

MC   ハンダ→岳野
   野上→鎌田
   塩出→目黒

第3セット目
2セット目の延長で中々流れを変えることが出来ません
しかし、メンバーチェンジで入ってきた
吉田のキャッチとナイスディグで
流れを掴み、菊地のブロードで攻め込みます。

同点となりブレイクを取りたいところで
自ミスが目立ちます。
レフトの村田も相手をよく見て
攻めていきますが、最後は相手に決められ
セットを落とします。

MC  大村→吉田
   ハンダ→岳野

第4セット目
出だしから一気に流れを掴みたいところ、、
大村強気のストレートで点を取ります。
相手のレフトに決められますが
野上が得意コースににかちこみ取り返します。

村田が前後を揺さぶって相手のリズムを
崩していきます。
しかし、大事なところでの自ミスで
自分たちの流れを作り切れません。

ハンダのかちこみに続き
大村が得意のストレースで点を取りますが
終盤にかけ相手のリズムにのまれ
最後は自ミスでゲームセットです。

MC  なし

結果1-3で筑波大学の勝利です。
応援の程ありがとうございました。

【2020年度秋季リーグ戦代替大会8日目】VS青山学院大学

日本体育大学VS青山学院大学
1-3
1セット目(23-25)
2セット目(17-25)
3セット目(25-15)
4セット目(17-25)
◎第1セット目
出だしは大村のパワフルなスパイクと
石倉の攻めたスパイクで3点差をつけますが
その後自ミスが増え
追いつかれてしまいます。(7-3)

相手の対応が遅れ終盤にかけて
点差を離されます。(18-20)
大村のパワフルさでブロックを
吹き飛ばして点数を取りますが
最後は野上がシャットされセットを落とします。
MC ハンダ→岳野
鎌田→目黒
野上→塩出
◎第2セット目
野上が得意コースで攻めていきますが
相手に対応出来ず点差を離されます(4-9)
タイムを取って仕切り直しますが
ブレイクが取れず追いつけません。

タイムを使い切りここからというところ
ハンダのかちこみと
石倉のブロックアウトでブレイクを取りますが
最後は自ミスでセットを落とします。
MC なし
◎第3セット目
3セット目はスターティングが
S 鎌田→塩出
OH 石倉→村田が入りました。
出だしからハンダの高さとパンチのある
速攻が炸裂します。
アウトサイドの村田と大村の
ブロックを使ったスパイクで点差を離します

粘り強い守備で相手のミスを誘い
バックからは村田の強弱のついた
攻撃で点を取ります。(12-8)
3セット目から入った村田の
スパイクがひかります。

セッターの塩出も高さを活かした
ツーアタックで点を取ります。
最後は村田の得意コースでセットを取ります。
MC なし

◎第4セット目
ハンダのナイススパイクから始まりました
自ミスが続きタイムを取ります(4-6)
タイム明け一本できりたいところ
菊地のプッシュとブロックを使った
ナイススパイクで点を取ります

中盤から自分たちのミスと
決められる展開が増えます。
ハイセットを村田が決め
大村のサービスエースから始まり
5点連続でブレイクを取りますが
最後は相手に決められゲームセットです。
MC  なし
結果1-3で青山学院大学の勝利です。
応援の程ありがとうございました。