ホーム » 試合日程・結果'

試合日程・結果

【天皇杯・皇后杯予選 東京都予選】VS青山学院大学

日本体育大学VS青山学院大学
(0-2)
1セット目(17-25)
2セット目(22-25)

◎第1セット目
出だしから相手に押される
展開になり大差を付けられます。

相手の攻撃に対応出来ず
自分達も攻め続けますが
相手のレシーブが良く
攻撃の速さについていけず
やられてしまいます(8-13)

何とかして追いつきたい。
熊井の意地のあるスパイクが
決まり、野上のキレのある
スパイクポイントで
点を取ります。

しかし、相手の攻撃についていけず
最後は、2連続ポイントブロックを
利用されこのセットを落します。

MC
野上→鎌田
塩出→山本

◎第2セット目
1セット目の反省を改善できるように
出だしを頑張り、熊井のスパイクポイント、
ハンダのサーブポイントで
徐々に点を離していきます。

大村のナイスディグから
野上のストレートが決まり
塩出のブロックポイントで
流れをつかみます(10-5)

この勢いのままいきたいが
相手も黙ってはいません。
サーブで攻められキャッチミスが
目立ち追いつかれます(14-14)

自分達も負けじと攻め続け
菊地のブロードが決まり
2点差を保ちますが
自ミスが増え逆転されます(18-20)

連続失点になってしまい、
サーブで攻め続けますが
最後は、ブロック利用され
ゲームセット。

MC
ハンダ→岳野
大村→吉田

結果2-0で青山学院大学に敗戦です。
応援の程、有難う御座いました。

【天皇杯・皇后杯予選 東京都予選】VS桜美林大学

日本体育大学VS桜美林大学
(2-0)
1セット目(25-15)
2セット目(25-19)

◎第1セット目
相手のスパイクミスから
ゲームがスタート。

序盤は、シーソーゲームに
なりますが、塩出のナイス
ブロックで徐々に点を離していきます(11-8)

ハンダがスパイクを3連続で決め、
熊井のサーブポイントで
流れをつかみます。

勢いが止まらず、
野上のフェイントや
吉田がブロックを利用し
菊地がブロードで決めます(20-11)

サーブミスをしてしまいますが
ミスの次は一本で決めて
最後は、熊井のサーブポイントで
セットを取ります。

MC
なし

◎第2セット目
メンバーを少し入れ替え
出だしが好調の日体。
山本の強烈スパイクで
ゲームがスタート。

序盤から点差を離していき
花井のナイスコースや
稲津のクイックで
絶好調です(15-5)

相手も負けじと拾って
繋いで攻めてきて
自分達もそれ以上に攻め続けますが
自ミスをしてしまいます。

ミスをしても一本で決めれていて
多彩なコンビで相手を惑わせ
最後は、岳野のスパイクポイントで
ゲームセット。

MC
花井→大村

結果2-0で日本体育大学の勝利です。
応援の程、有難う御座いました。

【東日本インカレ3日目】VS東海大学

日本体育大学VS東海大学
1-3
1セット目(17-25)
2セット目(25-18)
3セット目(18-25)
4セット目(20-25)

◎第1セット目
出だしから大差を付けられ
苦しい展開になります。

キャッチミスやフォローに入れていなくて
簡単にボールが落ちてしまい
相手の流れになってしまいます2-11

しかし、菊地のブロードで相手の
空いているところに落とし
徐々に追い上げますが
なかなかブレイクが取れません10-20

ブロックを利用され連続失点になり
相手のミスもありましたが
最後は、自ミスでセットを落します。

MC
鎌田→塩出
ハンダ→岳野

◎第2セット目
さっきのセットの反省を活かし
出だしを走ります。

吉田のスパイクが決まり
ブロックもワンタッチが取れ
そこから切り返して徐々に
離していきます9-6

相手も負けじとブロックを利用したり
フェイントを落したりしてしまいますが
しっかり一本で切り替え
リードを保ちます12-11

野上のライトからのストレートや
大村の力強いスパイクで
流れが日体になります。

相手に点を取られるも
プッシュなどに対応が出来
ハンダの連続でブロックポイントを取り
最後は、野上のスパイクポイントで
セットを取ります。

MC
吉田→熊井
ハンダ→岳野

◎第3セット目
大村のスパイクポイントで
ゲームがスタート。

序盤からシーソーゲームになりますが
徐々に自ミスが増え、
簡単なボールを落してしまい
リードされてしまいます7-10

しかし、大村の勢いが止まらず
点差を縮めますが、ブロックの
完成が遅く出されます。

相手の流れを止めることが
出来ずに最後は、ブロックの
間に打たれセットを落します。

MC
ハンダ→岳野
吉田→熊井

◎第4セット目
流れが相手のままで出だしから
引き離されます。

自ミスが続き、一本取り返しても
ブレイクを取ることが出来ずに
サイドアウトでなかなか追いつきません8-12

ライト攻撃で抜けてきたコースに
対応出来ずに流れを作れずに
リードされます。

交代で熊井が入り、雰囲気が良くなり
長いラリーになりますが
相手のレフトが抑えられずに
決められてしまいます16-20

切り替えていきたいが
ブロックを利用され
最後は、熊井のスパイクを止められ
ゲームセット。

MC
大村→熊井
ハンダ→岳野

結果3-1で東海大学の勝利です。
応援の程、有難う御座いました。

【東日本インカレ2日目】VS松蔭大学

日本体育大学VS松蔭大学
3-1
1セット目(25-22)
2セット目(21-25)
3セット目(25-21)
4セット目(25-18)

◎第1セット目
出だしは大村のスパイクで
ゲームがスタート。

しかし、序盤で相手に崩され
フェイントも上がらなくて
ブロックを利用され点差を
離されます5-10

日体も負けじと攻め続け
菊地のブロードや栗栖の
ナイスディグから大村のキレキレの
スパイクで追いつきます。

なかなか1点差が縮まらず
シーソーゲームになりますが
長いラリーになり取り切りました21-20

熊井のレシーブの位置取りが良く
野上がライトからストレートに打ち
最後は、大村のスパイクでセットを取ります。

MC
鎌田→塩出
吉田→熊井

◎第2セット目
出だしからシーソーゲームになりますが
相手のミスが増え、野上のスパイクで
リードします11-7

相手も自分たちの空いているところに
フェイントをしてきて落してします。

自ミスが増え相手の流れになり
攻め続けますが、キャッチミスやなどが
続き点差を離されます16-20

栗栖のディグが上がり、
吉田が際どいコースに打ち徐々に
追い上げますが最後は
相手のフェイントでセットを落します。

MC
吉田→熊井
鎌田→塩出
ハンダ→岳野

◎第3セット目
出だしから自分たちの流れで
リードを保ちます。

しかし、自ミスや相手のフェイントに
対応出来ずに逆転されます7-10

相手の流れのままで
ブレイクを取ることが出来ませんが
熊井のブロックを利用し、
野上のブロックポイントで
同点になります20-20

サイドアウトの繰り返しでしたが
栗栖の二段トスから
野上のスパイクでリードをし
最後は相手のミスでセットを取ります。

MC
鎌田→塩出
吉田→熊井

◎第4セット目
出だしは自ミスから始まり
なかなか自分たちの波に乗れません。

ブロックを利用されますが
自分達も負けじとブロックを利用したり
野上の技ありで大きくリードします11-7

しかし、ブロックの間に抜かれ
追いつかれますが、
それでも切り替えて攻め続け
塩出のナイストスからの
熊井の得意のプッシュで点差を広げます。

後半に相手のミスが増え
菊地のブロードが決まり
ハンダのブロックポイント、
最後は、野上のダイレクトで
ゲームセット。

MC
なし

結果3-1で日本体育大学の勝利です。
応援の程、有難う御座いました。

【東日本インカレ1日目】VS慶応義塾大学

日本体育大学VS慶応義塾大学
2-0
1セット目(25-14)
2セット目(25-4)

◎第1セット目
出だしから相手のミスから
スタートします。

出だしが好調の日体で
野上のスパイクからの
ハンダのブロックポイントで
点差を離していきます7-1

キャッチもしっかりとセッターに
入りコンビを使って吉田が
打ち込みます。
更に、菊地の得意のブロードで
コンビが多彩でサーブの勢いも
止まりません15-7

大村のサーブも際どい
コースを狙い流れが日体にあり
一本ミスをしてもすぐに取り返して
最後は、吉田のスパイクポイントで
セットを取ります。

MC
なし

◎第2セット目
メンバーも変わり雰囲気は日体で
1セット目も同様で出だしが好調です。

江藤の速攻でブロックを一枚にし
岳野のスパイクや山本のブロックポイントで
どんどん点を離します10-1

岳野が打ったスパイクが
ブロックにかかりますが
熊井がナイスフォローからの
切り返しで望月が決め
流れが止まりません17-2

貝塚のナイスディグからの
塩出のトス回しからの
岳野がストレートに決めます。

サーブの攻めが良くて
相手が攻撃できずチャンスボールで
最後は、熊井のブロックポイントで
ゲームセット。

MC
なし

結果2-0で日本体育大学の勝利です。
応援の程、有難う御座いました。

【春季リーグ戦11日目】VS東海大学

日本体育大学VS東海大学
3-2
1セット目(26-24)
2セット目(18-25)
3セット目(25-22)
4セット目(22-25)
5セット目(16-14)

» 続きを読む

【春季リーグ戦10日目】VS青山学院大学

日本体育大学VS青山学院大学
3-0
1セット目(25-19)
2セット目(25-23)
3セット目(25-20)
» 続きを読む

【春季リーグ戦9日目】VS松蔭大学

日本体育大学VS松蔭大学
3-0
1セット目(25-20)
2セット目(25-17)
3セット目(25-15)
» 続きを読む

【春季リーグ戦8日目】VS日本女子体育大学

日本体育大学VS日本女子体育大学
0-3
1セット目(25-27)
2セット目(20-25)
3セット目(20-25)
» 続きを読む

【春季リーグ戦7日目】VS国士舘大学

日本体育大学VS国士舘大学
3-0
1セット目(26-24)
2セット目(27-25)
3セット目(26-24)
» 続きを読む

【春季リーグ戦6日目】VS桜美林大学

日本体育大学VS桜美林大学
3-2
1セット目(25-16)
2セット目(22-25)
3セット目(25-16)
4セット目(18-25)
5セット目(15-13)
» 続きを読む

【春季リーグ戦5日目】VS筑波大学

日本体育大学VS筑波大学
2-3
1セット目(19-25)
2セット目(25-18)
3セット目(26-28)
4セット目(2725)
5セット目(12-15)

» 続きを読む

【春季リーグ戦4日目】VS東京女子体育大学

日本体育大学VS東京女子体育大学
0-3
1セット目(22-25)
2セット目(26-28)
3セット目(30-32)

◇第1セット目
負けられない一戦が始まりました。
ハンダのブロックから
日体の点数が動きます。

序盤からシーソーゲームになり
ここで点を離したいところだが
相手のチョロに対応出来ず
リードせれるが大村のパワーのある
スパイクで1点リード10-9

徐々に点を離していくが
相手のブロードやバックアタックで
点を詰められ、サーブポイントで
リードされる12-15

まだまだ、負けてられないと
ハンダのサーブで溝口が入り
流れを引き寄せるが
なかなか1点差がちじまらず
20点以降で連続失点で
相手のスパイクポイントで
セットを落します。

MC
ハンダ→溝口

◇第2セット目
流れは悪くないが出だしは
走りたい日体。
1セット目と同じで
シーソーゲームになり
お互い一歩も譲らない展開になります。

菊地のサーブからハンダのダイレクトや
大村がライトからブロックを弾き飛ばし
日体がリードします。11-10

しかし、自ミスや相手のライト攻撃に
対応出来ず点を離されるが
菊地のキレのあるスパイクで同点に16-16

相手の流れは少し残っていて
20点目は相手が取るが
日体も負けてはいません。
吉田のナイスブロックでリードし
マッチポイントを握るが
サーブミスで追いつかれ
相手の流れのままサーブポイントで
セットを落します。

MC
ハンダ→溝口
鎌田→塩出

◇第3セット目
この1セットを取りたい日体ですが
出だしは相手のポイントからスタート。

すぐに1点を取り返すも
キャッチミスなどが続き
リードされ、何とかして追いつきたい。

なかなか相手のブロードに対応出来ず
自分たちのミスが多くなりますが
その分巻き返そうと吉田のサーブポイントからの
大村のコースギリギリに決めリード15-13

ブレイクポイントを取り
点差を離していき流れをつかみ
菊地のサーブポイントとハンダの
パワフルな速攻で19-14

あとは攻め続けるだけですが
相手の攻撃でクロスしかないが
一本も上がらず、自ミスが増え22-19

しかし、一本で切りサーブで攻めたいが
Aパスになりブロードでプッシュされ点を詰められるが
切り替えが早く塩出のツーで
マッチポイントに24-21

気を抜けない日体だが
大村がブロックにつかまり
追いつかれ相手のミスで一歩先に出るが
サーブミスで追いつかれる26-26

ここは逃げ切りたいが
簡単には決めさせてはくれず
ここ1点ほしい時にサーブミス。
最後は相手のブロックでゲームセット。

MC
野上→溝口
鎌田→塩出

結果3-0で東京女子体育大学の勝利です。
応援の程、有難う御座いました。

【春季リーグ戦3日目】VS順天堂大学

日本体育大学VS順天堂大学
1-3
1セット目(25-22)
2セット目(18-25)
3セット目(21-25)
4セット目(21-25)

◎第1セット目
気持ちを切り替えて波に乗り
出だしは吉田のスパイクポイントでスタート。

序盤はお互いミスが多かったが
ハンダがサーブで崩し花井がダイレクトを決め
菊地のブロードでたたき込み
自分たちの流れになってきた9-6

相手のサーブが良くて崩され
追いつかれそうになるが
野上のブロックアウトや二枚替えで
栗栖と塩出が入り、栗栖のサーブでブレイクを取り
塩出の高さのあるブロックでシャットをし18-14

相手も嫌なとこについてきて
追いつかれるがハンダの強烈のクイックから
大村のドライブサーブで崩し
最後は相手のミスでセットを取ります。

MC
野上→栗栖
鎌田→塩出
ハンダ→大村

◎第2セット目
1点目を取って走りたいが
出だしからコンビミスで相手にリードを許す。
しかし、野上の技ありで追いつき
リードをするが、徐々に自ミスが増え4-6

これ以上点を離せれてはいけないと
菊地のワンレグで決め、続いて花井のサーブで
ブレイクするが、相手も負けじと
サイドアウトでなかなか追いつけず8-13

何とか追いつきたく多彩のコンビを組み合わせ
相手のブロックを散らしていきます。
ブロックもマークをしっかりとしぼり
止めに行くが相手の勢いが止められず
セットを落とします。

MC
野上→栗栖
鎌田→塩出

◎第3セット目
出だしでハンダのブロックが機能し
吉田のスパイクで1点目を取ります。
野上のフェイントや菊地のブロックポイントや
大村のパワフルなスパイクを決め大きくリード7-3

自分たちの流れをつかみ勢いに乗ったが
相手もフェイントに対応してきて
ライトから打ち込まる14-11

徐々に点を詰められ後半で
スパイクミスが増えシーソーゲームに
なるが最後はブロック振られライト1枚で
決められセットを落します。

MC
野上→栗栖
鎌田→塩出

◎第4セット目
後がなくなり強気で攻めないといけない。
相手ミスから始まり、サーブで攻めるも
ライト攻撃に対応出来ず鋭いスパイクを決められるが
吉田がやり返し10-8

ここからシーソーゲームになるが
キャッチミスやスパイクミスが続き
リードされるが自分達も離されないように
サイドアウトで1点差を保つ17-18

しかし、相手のライトに対応出来ず
2点差になるが大村がブロックを弾き飛ばし
1点差になる18-19

20点以降になり大村の勢いが止まらず
追いつくが最後はライトから決められ
ゲームセット。

結果3-1で順天堂大学の勝利です。

応援の程、有難う御座いました。

【春季リーグ戦2日目】VS日本大学

日本体育大学VS日本大学
(2-3)
1セット目(16-25)
2セット目(28-26)
3セット目(16-25)
4セット目(25-16)
5セット目(10-15)

◎第1セット目
相手のブロックポイントから
ゲームがスタート。
前半からサーブミスが多く
相手の勢いが止まりません7-9

何とか追いつきたいところですが
自分たちのミスが多く
流れは相手のままで点差が広がっていきます9-17

しかし、やられっぱなしではいけないと
1年生の大村がスパイクを決め
2枚替えで栗栖と塩出が入ります。
ブレイクしたいと自分達も攻めますが
相手の勢いが止まらずセットを落とします。

MC
野上→栗栖
鎌田→塩出
花井→大村

◎第2セット目
出だしから飛ばしたいセットだが
シーソーゲームになり自分達が
2点リードします4-2

徐々に自分たちの流れに乗ってきて
ブレイクをし菊地のブロードが決まり
相手にミスを誘います。
菊地の多彩な攻撃で10-7

しかし、相手も負けられないと
サーブで攻めてきて崩され
フェイントに対応出来ず13-13

相手に乗らせないと野上のブロックポイントから
菊地のブロード、そして吉田の技ありで
点を離します20-18

20点以降でお互いミスは許されない中で
鎌田・野上コンビで決めますが
相手のレフトもブロックを弾き飛ばし
マッチポイントを先に握られますが
熊井のスパイクで同点になり
最後は相手のミスでセットを取ります。

MC
花井→熊井
ハンダ→稲津
鎌田→塩出

◎第3セット目
このセットを取って勢いに乗りたいが
相手の流れは良く自分たちのミスが
続きコートの中での会話が少なく
サーブミスも続き5-8

負けじとブロックを利用したり
熊井のナイスディグから
二段トスで吉田が決め9-13

点を詰めていきたいが
やはり相手の勢いを止めることが出来ず
攻めきれずにセットを落とします。

◎第4セット目
気持ちを切り替え出だしから
鎌田のサービスポイントで
波に乗り強気のプレーで9-5

そこからブレイクを取り
多彩なコンビを組み合わせ
相手のブロックを振っていき
ナイスフォローから野上が打ち込み16-13

2枚替えで入った栗栖がサーブポイントを取り
相手のミスが多くなり、塩出のネット際のボールを制御し
高さのあるトス回しで吉田が決め
最後は相手のミスでセットを取ります。

MC
野上→栗栖
鎌田→塩出

◎第5セット目
最終セットは勝ち取りたい。
お互い一歩も譲らずシーソーゲームになるが
先に8点を取られる6-8

コートチェンジをし相手ミスで
チャンスが来ましたが自ミスで
点を離せれ、相手の流れになってしまう7-10

しかし、野上が相手ブロックを弾き飛ばし
負けじと攻めますが、相手のレフトの
勢いも止まらず、最後は相手のブロックポイントでゲームセット。

結果3-2で日本大学の勝利です。

応援の程、
有難う御座いました。