ホーム » 試合日程・結果 » 【全日本インカレ2日目】VS 筑波大学

【全日本インカレ2日目】VS 筑波大学

日本体育大学VS筑波大学
(0-3)

1セット目(19-25)
2セット目(20-25)
3セット目(23-25)

◇試合内容

【1セット目】
筑波との一戦。
コートのホイッスルが鳴りました!

明日に繋げる為に、、、

 

 

 

 

 

4年目黒の力強いストレート
スパイクからゲームは始まります。

 

 

 

 

 

3年伊藤の打点の高いで
コートにたたきつけます。
相手も日体の勢いでミスを連発!
競った展開が中盤まで続きます。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

相手の高いブロックに苦しめられますが、

2年池谷の床際を攻めた

粘りのあるフォローで
チームを救います!
しかし、相手のストレートスパイクを
拾うことが出来ず、
惜しくもこのセットを落としてしまいます。

 

 

 

 

 

 

【2セット目】

出だしから4年目黒のスパイクが
止まりません!

 

 

 

 

 

 

 

3年櫻井のトス回しで
ブロッカーを惑わせます。
相手もプッシュを上手く利用し、
日体のレシーブを崩し始めます。
3年伊藤のダイレクト!
同じく3年辻村のブロード攻撃、

 

 

 

 

 

 

20点以降も競った展開。
ここでピンチサーバーで
2年佐々木
レシーブ固めで

2年溝口が交代でコートに入ります。

しかし相手も得意のブロックで
日体の攻撃を封じ込め、
3年辻村も奮闘しますが、追いつくことが
出来ずにこのセットを落とし、
運命の3セット目に望みを託します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【3セット目】
2年中野のスパイクポイントから

スタートします。

 

 

 

 

 

 

 

3年伊藤のスパイクポイント
4年目黒と3年櫻井のナイスコンビで
相手を追い詰めます!!
しかし相手のエースの、
バックアタックや高い打点からのスパイクで
点数差を広げられてしまいます。
流れを変えるべく、
2年花井に代わり4年木村

 

 

 

 

 

 

二枚替えで、
1年鎌田、山本がコートに入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14-20の6点差、、、
ここから日体大の下剋上が
始まります。
キャプテン目黒の
ブロックアウト!!!!

 

 

 

 

 

最後の最後まで相手を
追い詰め、誰も諦めません。
コートも、ベンチも、応援も
全員が必ず逆転して勝つ!
そんな思いがみんなの心に、、、
拾って拾って、
コートにボールが落ちません。
必死に繋ぎます。
4年木村の意地のスパイクポイント。
3年伊藤のダイレクト。
23-24最後の1点。
必死に粘りますが、相手のスパイクを
拾うことが出来ず、ゲームセット。

結果3-0で筑波大学に敗戦です。