ホーム » 試合日程・結果 » 【春季リーグ戦2日目】VS青山学院大学

【春季リーグ戦2日目】VS青山学院大学

日本体育大学 VS 青山学院大学

(3-1)

 

1セット目(17-25)

2セット目(25-23)

3セット目(28-26)

4セット目(25-18)

 

◇試合内容

第1セット

熊井のスパイクポイントからゲームがスタート。
前半から相手の勢いのある攻撃で
先にリードを取られる展開になり
日体大がタイムアウトを取ります。

タイム空け、
伊藤のスパイクが決まり
熊井のサーブポイントで相手のミスを誘いますが
なかなか点差を縮めることが出来ず
ゲームセットとなりました。

MC
櫻井→菊地
野上→鎌田
中野→花井

第2セット

相手のミスからゲームが始まり、
野上・中野のスパイクでポイントを稼ぎます。

序盤から中盤にかけて、
相手との打ち合いが激しくなりますが
これまで強化してきたディグの成果が実り
熊井のナイスレシーブが炸裂します。

後半、メンバーチェンジで入った
鎌田・菊地のナイスコンビが決まり24点。

最後は、キャプテン辻村のブロックポイントでゲームセット。

MC
櫻井→菊地
野上→鎌田

第3セット

出だしから、
相手とのシーソーゲーム。

伊藤・櫻井の息の合ったコンビから
点差が開きます。

続いて、
櫻井の相手を惑わせるトス回しに
野上が時間差で入り8-8。

辻村の2点連続ポイントでチームを盛り上げます!

ここから、
ナイスレシーブが連発し
辻村・野上のスパイクで13-11。

後半、
リベロ栗栖のスーパーレシーブから
伊藤と技のあるスパイクで先に20点を取ります。

その後、
中野が1枚で相手の攻撃をブロックし
続けて栗栖のジャンプトスから中野がスパイクを決め23-21。

しかし、
相手にブレイクを取られ逆転されます。

櫻井と辻村のナイスコンビで
1点を取り返し
お互いに点数を譲らないような
激しい展開になります。

そして、
辻村のナイスレシーブでチームのピンチを救い
またもや伊藤のスパイクで26-25。

熊井のパワーあるスパイクが決まり、
4セット目に入ります。

MC
櫻井→菊地
野上→鎌田

第4セット

ここまで、
苦しい戦いとなったが
このセットはスタートから
相手との点差を大幅に広げ
流れを自分たちのものに
することが出来て6-2となる。

野上のサーブポイントで
さらにチームが盛り上がり
連続で中野・辻村の相手をよく見た
フェイントでリード。

伊藤・櫻井のコンビが何本も続き、
相手のミスがだんだんと多くなっていきました。

しかし、
相手に負けじと攻撃を繰り返され
4連続ポイントを奪われ
流れが止まってしまいます。

そこから、
伊藤のナイスブロックで
相手の流れを切り
野上のスパイクポイントでゲームセットとなりました。

結果、
3-1で日本体育大学の勝利しました!