ホーム » 試合日程・結果 » 【春季リーグ戦5日目】VS東海大学

【春季リーグ戦5日目】VS東海大学

日本体育大学VS東海大学
(1-3)

1セット目(19-25)
2セット目(27-25)
3セット目(23-25)
4セット目(16-25)

◇試合内容

第1セット
ゲームスタートから、
自分たちのミスが続き相手にリードを許します。

栗栖が良い位置取りで
相手アタッカーからの攻撃に対応してくると
徐々に自分たちのリズムを作ることができ、
辻村のパワフルなスパイクで相手を崩します。

そこから伊藤・中野・熊井が相手の苦手とするコースに
スパイクを打ち込み点差を縮めますが、
連続得点とはならず
チームの悪い流れが目立ち気味でしたが、
2枚が替えで入った鎌田・菊地のコンビが決まり
チームの雰囲気が変わってきます。

しかし、
相手の攻めたサーブと角度のあるスパイクに苦しめられ
流れを自分たちのものに出来ず
このセットを19-25で落とします。

MC 
櫻井→菊地
野上→鎌田

第2セット目
1セット目同様、
スタートから相手にリードを取られますが
辻村のブロックポイントで3-3。
ここから相手のミスが多くなり
熊井のスパイクでさらに点差を広げます。

その後、櫻井と伊藤のナイスコンビに続き
野上の器用なスパイクで10-8。
中野の1枚ブロックが炸裂し
流れが自分たちの方へ来ます。

伊藤のスパイクが相手の苦手なコースに入り
最後は相手のミスが続きこのセットを取り返します。

MC 
櫻井→菊地
野上→鎌田
中野→花井

第3セット目
もう1セット奪いたいと意気込んで
始まった3セット目は
相手がやりたい速攻攻撃に苦しめられますが
辻村と櫻井のコンビで相手から点を奪います。

そこから熊井のパワーあるスパイクで
相手のミスが続き
櫻井・野上が連続でナイスディグから
中野が鋭いコースに打ち込み12-9とリード。

しかし、ここから相手の反撃が始まり
ブロックアウトとサーブポイントで連続失点。
ここで日体大がタイムと取ります。

タイム空け、
こちらも負けじと辻村のブロードと
櫻井のブロックポイントで点数を取りますが
点差は縮まりません。

ここで熊井と野上が意地のスパイクで
相手を攻め込み次は相手がタイムアウト。

後半はネット際のボールを櫻井がしっかりと入り
中野が攻めます。続けて野上のサーブポイントとなりますが
最後は相手のエースに決められてセットを落とします。

第4セット
序盤からみんなで攻めますが
それがなかなか得点にならず
スタートから相手ペース。

相手から1本で帰ってきたボールを
野上がダイレクトで打ち込むと
次は伊藤が相手のいないコースに
スパイクを打ち7-11となります。

しかし、
ここから相手のやりたいことをやらせてしまい
またもや苦しい展開になり8-18となります。

辻村の気迫あるスパイクで相手から点数を奪い返し
熊井と伊藤のナイスブロックで連続得点。

その後、
野上と伊藤が相手に負けじと攻め返しますが
最後は相手にスパイクを決められゲームセット。

結果3-1で東海大学の勝利です。

応援の程、
有難う御座いました。