ホーム » 試合日程・結果 » 【東日本インカレ2日目】VS金城大学

【東日本インカレ2日目】VS金城大学

☆日本体育大学VS金城大学
(3-1)

1セット目 (25-16)
2セット目 (25-19)
3セット目 (20-25)
4セット目 (25-19)

◇試合内容
◎第1セット
スタートから野上・稲津のスパイクが決まり
良い流れで試合が進んで行きます。

その後、粘りのあるディグが続き
相手のリズムが崩れ始めます。

中盤にメンバーチェンジで入った
山本がチーム唯一左利きを活かし
相手のコートにスパイクを打ち込みます。

そして、
続けてメンバーチェンジで入った花井が
ディグでもスパイクでも器用なプレーで
相手を揺さぶります。

鎌田がセンタープレーヤーをうまく使い
ハンダのクイックでポイント。

最後は花井のテクニックのある
スパイクでこのセットを取ります。

MC
鎌田→山本
野上→塩出
中野→花井

◎第2セット
前半、野上のサーブが走り
熊井・ハンダ・中野のスパイクで
流れに乗っていきます。

稲津のブロックポイントと
栗栖のナイストスから野上が
角度のあるスパイクを打ち込み
相手のやりたい攻撃を封じます。

1セット目に続き、
メンバーチェンジで入った山本が
ブロックポイントを取りますが、
相手にブロックアウトを取られる回数が増え
途中で点数が止まります。

しかし、そこから山本・菊地がスパイクで
チームを助け
後半まで勢いに乗ったまま
このセットも取ります。

MC
鎌田→山本
野上→塩出
中野→花井
熊井→菊地

◎第3セット
中盤までシーソーゲームとなり
途中で自分たちのリズムが崩れ始め
苦しい展開になります。

ここから相手がブロックポイントや
ブロックアウトで勢いに乗り連続失点。

20点以降で点差を離され、
そのまま相手にリードされたまま
このセットを落とします。

◎第4セット
伊藤が冷静な判断をし、
相手の穴をついたフェイントで
前半から流れに乗ります!

粘りのあるレシーブから、
野上がきれいに決め
みんなの頑張りが見えた1点となりました。

そこから伊藤のブロックポイントで
相手との点差を広げ、
熊井のスパイクで連続ポイント。

20点以降は中野・野上・熊井のスパイクで
点数を稼ぎゲームセット。

結果3-1で日本体育大学の勝利です。

応援の程、有難う御座いました。