ホーム » 試合日程・結果 » 【秋季リーグ戦2日目】VS嘉悦大学

【秋季リーグ戦2日目】VS嘉悦大学

日本体育大学VS嘉悦大学
(3-1)
1セット目 (25-18)
2セット目 (25-27)
3セット目 (25-16)
4セット目 (29-27)

◎第1セット
野上のブロックシャットからゲームがスタート。
続けてキャプテンの辻村が得意のブロード攻撃で
相手のブロックを吹き飛ばし
序盤から相手との点差を大きく広げます。

中盤には柳沼・櫻井のスピードのある
コンビで相手を翻弄し20-12
最後は中野のスパイクでこのセットを取ります。

◎第2セット
相手の調子が徐々に上がってきた2セット目
スタートから日体大のミスが目立ち
点数が並びました。

15点以降は取って取られての繰り返しであったが
辻村・櫻井のコンビで流れを切り
辻村のサーブポイントで相手にミスが出ます。

後半の20点以降からはミスなしで
行きたい日体大。

しかし、
相手の得意なコースに攻め込まれ
対応をする前にゲームセット。

MC
中野→溝口
櫻井→ハンダ
野上→菊池

◎第3セット
出だしから野上がブロックとスパイクで
チームに勢いをつけてくれます!

伊藤・柳沼がそれぞれが得意とする攻撃で
相手を崩していき15-11
伊藤のサーブポイントでさらに点数を稼ぎます。

中盤から、中野の鋭いスパイクが
相手コートに打ち込まれますが
相手のディフェンスも粘強くきました。

しかし、
ここで辻村が相手の穴を付くダウンボールを打ち
リードしたまま20点に入ります。

昨日もメンバーチェンジで器用された
溝口が際どいボールをどんどん拾い
みんなの粘り強さが出ていたので
そのままの展開で
伊藤・野上のコンビが決まり
セットを取り返します!

MC
中野→溝口

◎第4セット
このセットは絶対に落とせないと
気合を入れなおした日体大

またもや野上が出だしから
一気に攻めます!

前半は辻村が爆発し
ブロック・サーブ・スパイクで連続ポイント!

2セット目は相手のリベロに拾われることが多かったが
池谷も相手のリベロに負けじと
ナイスディグを連発し
最後は野上が相手コートに打ち込みます。

後半から1点を取り合う展開になり
相手のミスで点数を貰うこともあったが
中野・伊藤の力強いスパイクが決まり
この流れのまま20点に持ち越したい!

しかし、20点以降からは
ディグオーバーや相手の勢いを簡単に止めることが出来ず
シーソーゲームで21-23

ここで1点を取らなければフルセットに持ち越すことになると
必死にボールに食らいつき、
中野にトスが集まります。

ここからは、
攻めるだけではなくみんなで守りをしなくては
と言う気持ちが高まり、
またもや辻村の気迫あるブロックで
1点を取ります!

27-27と並んだ場面で
次は辻村にトスが集まり技のあるスパイクで
相手を困らせ最後は辻村のブロックポイントでゲームセット

MC
中野→溝口

結果3-1で日本体育大学も勝利です!
応援の程、有難う御座いました!