ホーム » 試合日程・結果 » 【秋季リーグ戦9日目】VS東京体育大学

【秋季リーグ戦9日目】VS東京体育大学

日本体育大学VS東京女子体育大学
(1-3)
1セット目 (19-25)
2セット目 (24-26)
3セット目 (25-17)
4セット目 (21-25)

〇試合内容

【1セット目】

多くの声援が日体の背中を押す中で、
ゲーム開始のホイッスルが鳴り響きました。

相手のブロックからゲームがスタートします。
2点ビハインドから1年菊地がライトから
ブロックアウトで日体に点数が入ります。
サーブを攻めていきますが、相手のキャッチが乱れずに
センター攻撃をノータッチでボールが落ちてしまいます。

3年池谷のナイスディグから
4年柳沼の攻めたスパイクで点数を奪います。
しかし相手もセンター攻撃を絡めたトス回しで
日体のブロックを惑わし、なかなか
コースを絞り込めません。

12-17 5点ビハインドから
キャプテン辻村がスパイクで相手コートに
押し込みます!
最後まで粘りますが、流れを変えることができず
このセットを落とします。

【2セット目】
流れを変えたい日体大。
1年吉田が力を込めてスパイクを決めます。
4年櫻井のトス回しで相手を翻弄し、
4年伊藤や1年菊地がスパイクを決めきります。

しかし相手のAパスからのコンビ展開に
手が出ず、コンビを決められてしまいます。
また相手のサーブポイントから
流れを持ってかれ中盤に差し掛かります。
このセット落とせない日体大
4年柳沼のナイススパイク、
4年櫻井のナイスサーブで点数差を縮めます。

相手のセンター攻撃を止めることができないまま
4年伊藤のブレイクポイントから
日体の流れを戻し始めます。
ここで2枚替えで4年小澤と2年鎌田が
コートに入ります。
ここ1点がほしい日体は4年小澤が意地の
スパイクで追いつきます。
24-24 デュースで自分たちのミスから
相手のスパイクを拾うことができず
惜しくもこのセットを逃します。

【3セット目】
後がない日体大。
ここから日体らしいバレーがやっと
展開され始めます。
キャプテン辻村のスパイクや
1年吉田と交代をした3年中野が躍動します!
5点差離されますが
4年辻村・櫻井のナイスコンビや
3年中野のブロックアウトで
相手もたまらずタイムアウトで中盤を折り返します。

後半になっても勢いは止まらず、
キャプテン辻村のナイスブロックで
日体のボルテージは最高潮!!
ベンチも応援席も盛り上がります。

最後まで気を緩めることなく
リベロ池谷の身体を投げ出したプレーで
チームを救い、25-17でこのセットを
勝ち切ります。

【4セット目】
出だしから3年中野のスパイクが
止まりません。
打てば相手のコートにボールが落ち続けます。

キャプテン辻村の強気なスパイク
3年中野のブロックポイントで
相手を寄せ付けません。

しかし、相手も粘りのバレーを展開します。
サイドアウトからサーブポイントと
悪い流れが日体に流れ始めます。
相手のペースにも飲み込まれ
何か変化がほしい日体大。
2枚替えで4年小澤、2年鎌田がコートに
入ります。

相手のサーブミスも重なり
取ってとられての展開が続き
流れを持って行ったのは相手のサーブポイント。
このまま主導権が戻ることなく
ゲームセット。

結果(1-3)で東京女子体育大学に敗退です。
応援の程、有難う御座いました。