ホーム » 試合日程・結果 » 【秋季リーグ戦10日目】VS青山学院大学

【秋季リーグ戦10日目】VS青山学院大学

日本体育大学vs青山学院大学
(3-2)

1セット目(25-19)
2セット目(25-21)
3セット目(29-31)
4セット目(21-25)
5セット目(15-10)

 

〇試合内容

【1セット目】
負けられない一戦が始まりました。
キャプテン辻村のスパイクから
日体の点数が動き始めます。

1年菊地のナイスサーブや
4年柳沼のブロックアウトで、
日体に流れを引き寄せます!

相手も負けじとセンターを絡めた攻撃で
反撃をしますが、日体のディフェンスが固く
なかなかコートにボールが落ちません。

相手もここ1点と2枚替えをしますが、
4年櫻井のナイスサーブポイントで流れを
変えることができず、
最後はキャプテン辻村の時間差攻撃で
このセットを勝ち取ります。

【2セット目】
日体の流れは止まりません。
1年吉田の状況を読んだコース打ちや
1年菊地のブロードで点数差を拡げます!!

キャプテン辻村の気迫は今日も絶好調!
4年伊藤も負けじとクイックでチームを
盛り上げます。

相手も負けじと粘りますが、
ここで流れを変えたのは
2枚替えの4年小澤と2年鎌田です!
4年小澤のナイスプッシュや
2年鎌田のナイスディグでブレイクします!

20点以降も集中力を切らすことなく
最後はブロックポイントで
このセットも勝ち取ります。

【3セット目】
この勢いのまま行きたい日体大
しかしこのままでは勝たせてくれません。

メンバーを変えてきた相手に
対応することができず、レシーブに乱れが出始めます。

リベロ池谷が神がかった反応で
粘り続けますが、相手のつなぎ力に
だんだん押され始めます。

相手のセンターからの攻撃を
ノータッチで決められ、点数が徐々ひらき始めます。
1年菊地のナイスプッシュや、4年伊藤のスパイク
1年吉田のスパイクでつめ寄ります。

22-24 絶体絶命のピンチを救ったのは
1年吉田と4年柳沼 両レフトの意地のスパイクポイント!

粘って粘って、打って止められ
そんな展開がデュースの中で
繰り広げられます!
会場の声援も互いのチームに称賛を送るように
ファインプレーに拍手も起こります。

しかし、最後は相手の勢いを止めることができず
惜しくもこのセットを落としてしまいます。

【4セット目】
相手の勢いは止まりません。
出だしから日体の攻撃が効かなくなってきます

自分たちのスパイクミスも重なり
徐々に点数が離れていきます。

コートの中での会話もなくなり
嫌な雰囲気が立ち込めます。
ここでチームを鼓舞したのが
キャプテン辻村のガッツあるプレーでした。

でもサーブでもみんなを鼓舞し続けます。
コートもベンチも応援席も一体となって
日体の反撃を待ち続けます。

しかし離れた点数を追いつくことができず
ブレイクチャンスを失いこのセットを落とし
5セット目に望みを託します!

【5セット目】
今季リーグ戦フルセット
4戦4連勝の日体大!
チームの一体感はどこのチームにも
負けない自信がありました。

序盤から日体のペースで始まります。
キャプテン辻村のスパイクや
1年菊地のナイスフェイント

しかし相手もブロックポイントで
流れを渡しません。

1年吉田のブロックアウト!
吉田、吉田、吉田!
みんなブロックフォローに入って
カバーをしますがこのラリーは相手に
取られます。

3年池谷のナイスディグ
4年柳沼の安定したキャッチで
アウトサイドを重ねます。

13-10 ここ1点が欲しい日体
ここで相手のサーブミス!
この点数を守り切り最後は相手の
トスミスでゲームセット

結果(3-2)青山学院大学に勝利です!
応援の程、有難う御座いました。