ホーム » 試合日程・結果 » 【春季リーグ戦11日目】VS東海大学

【春季リーグ戦11日目】VS東海大学

日本体育大学VS東海大学
3-2
1セット目(26-24)
2セット目(18-25)
3セット目(25-22)
4セット目(22-25)
5セット目(16-14)

◎第1セット目
出だしから好調でハンダの
ブロックポイントからスタート。

菊地のブロードからのプッシュ、
熊井がブロックを弾き飛ばし
相手のミスが増え点差を
広げていきます13-8

ブレイクが取れ流れが日体だが
相手も速攻中心にコンビを組んできて
ライト攻撃のストレートが決められ
自ミスが増えます。

徐々に追い上げられてきて
キャッチミスをしてしまい
1点差まで追い詰められ、
ブロックの間を抜かれデュースに。

しかし、花井がブロックを弾き
最後は相手のミスで
セットを取ります。

MC
ハンダ→岳野
鎌田→塩出

◎第2セット目
出だしからシーソーゲームになるが
先にリードを許してしまいます。

相手のレフトからブロックの間を
抜かれ離されますが、
熊井も負けじとブロックの間を抜き
逆転します9-8

相手の流れが良く、なかなかブロックが
止まらずミドルも絶好調で
攻撃が止められません16-20

自分達が崩れてしまい
相手のライト攻撃に対応出来ずに
最後は、自ミスでセットを落します。

MC
なし

◎第3セット目
出だしがなかなか取れないが
花井のスパイクポイントで
シーソーゲームになります。

野上のキレのあるストレート、
菊地のナイスブロックで
リードします。

相手もコンビを組んで
ブロックを散らしてきますが
熊井のナイスディグから
野上のスパイクで一気に波に乗ります19-16

徐々に相手のミスが増え、
ハンダのブロックで相手の攻撃を抑え
熊井のパワフルなスパイクで
セットを取ります。

MC
鎌田→塩出

◎第4セット目
このセットを取りたい日体だが
出だしから大きくリードされる。

自ミスが増えてきて、
長いラリーになりますが
相手が取り切り流れが相手になり
リズムが作れません。

しかし、熊井の勢いが止まらず
追い上げますが、相手のミドルが
速攻でコースに打ってきて対応できません。
花井が前衛の時に大村が入り
ブロックが2枚付きますが
気持ちで吹き飛ばし決めます22-23

ここで1本取りたいが
サーブミスをしてしまい
相手のレフトからブロックを利用され
セットを落します。

MC
花井→大村
ハンダ→岳野
鎌田→塩出

◎第5セット目
このセットは意地でも取り返したいが
出だしから大きくリードされます。

ここで切りたい時に野上が
ライトから決め、ハンダが
ブロックシャットをし
追いつきそうになりますが
先に8点を取られます4-8

花井がストレートにかちこみ
菊地のライトからいいコースに打ち
徐々に追い上げます。

相手のミスを誘い、ハンダのブロックで
1点差まで追いつきます。
相手のフェイントやスパイクに対応でき
コートにボールが落ちることなく
繋ぎが出来攻めますが
相手のミドルが決めマッチポイントを握られます。

あとがなくなった日体だが
花井の頑張りで追いつき
連続でスパイクを決め逆転をし
最後は、菊地のブロックポイントで
ゲームセット。

MC
鎌田→塩出

結果3-2で日本体育大学の勝利です!
応援の程、有難う御座いました。