ホーム » 試合日程・結果 » 【秋季リーグ戦11日目】VS筑波大学

【秋季リーグ戦11日目】VS筑波大学

日本体育大学VS筑波大学
0-3

1セット目(16-25)
2セット目(25-27)
3セット目(23-25)

◎第1セット目
最終戦が始まりました。
1点目は4年花井のサーブポイントから
ゲームがスタート。

しかし、相手の高さに圧倒され
ブロックシャットやライトの速い
攻撃についていけず
リードされます。

日体大も負けじと
3年望月のブロックポイント・
2年岳野のブロックアウトで
徐々に点を詰めます。

相手のサーブが良く
崩され自分達の攻撃が出来ず
先に20点取られます。

2枚替えで入った
3年鎌田がフェイントに反応しますが
カバーに行けず、相手の勢いが
止まりません。

どんな状況でも
決めてくれる1年大村が
ライトから叩きつけますが
相手のサーブポイントで
セットを落します。

MC
野上→鎌田
塩出→大村

◎第2セット目
次に切り替えて臨む日体大。
出だしから長いラリーになるが
相手に決められます。

3年望月がセンターから
ブロックを弾き飛ばし
続いてサーブポイントを取り
流れを引き寄せます。

1年江藤がレフトを
ブロックで止め4年花井がレフトから
ブロックアウトを決め
リードします。

しかし、相手のクイックに
高さがありブロックに当たらず
抜かれます。

中盤で望月のサーブで
一気に流れを変え3点差まで
離しますが、自ミスが増え
相手にサーブポイントを取られ
連続失点になります。

マッチポイントを握るが
相手のブロックに圧倒され
シャットが続き
相手のレフトに決められ
セットを落します。

MC
江藤→溝口
野上→鎌田
塩出→大村

◎第3セット目
序盤から自分達の
流れを掴みリードします。

キャプテン熊井が
ナイスカバーをし
江藤が決めます。

その勢いで、
キャプテン熊井がパワフルな
スパイクを決め続けて
サーブでも点を取ります。

野上がライトからストレートに決め
相手の速攻に栗栖が反応し
望月がセンターから決めます。

中盤で相手のセンターに決められ
サーブで崩せずに
ブロックにつかまりだします。

しかし、ここで4年生の意地で
熊井が1枚で止め
それに続いて塩出が2本サーブポイントで
ブレイクを取ります。

終盤で相手のライトから
インナーに打たれ
同点になりここで抜けたいが
自ミスが出てしまい
最後は、相手のブロックポイントで
ゲームセット。

MC
なし

結果3-0で筑波大学の勝利です。
応援の程、有難う御座いました。