ホーム » 試合日程・結果 » 【2021年度春季リーグ戦1日目】vs嘉悦大学

【2021年度春季リーグ戦1日目】vs嘉悦大学

日本体育大学VS嘉悦大学
3-0
1セット目(25-12)
2セット目(25-10)
3セット目(25-15)

◎第1セット目
キャッチからのスタートとなりましたが
相手のアウトポジションで1点目を取ります。
それから石倉のサービスエースで一点を取り
完全に自分たちの流れを掴みます。
追い討ちをかけるように菊地のワンレグで得点を稼ぎます。

アウトサイド・オポジット・ミドルブロッカーともに
絶好調で自分たちのリズムを崩しません。
ブレイク中の石倉のサーブミスから
切り替えに時間がかかり相手のブレイクが続きます。
ですが村田のナイススパイクで自分たちの流れを取り戻します。(5-3)

それからはセットを取るまで
集中を切らすことがなく連続得点が続きました。
相手に隙を見せることなく
最後は菊地の相手コートの
人のいない場所をついたスパイクでセットを取りました。

MC 江藤→貝塚

◎第2セット目
出だしから石倉のスパイクと
大村、村田のブロック等々が走り
相手との点差をどんどん離します。(8-1)

中盤になると相手のポイントが増え
点を取っては取られての展開です。
流れを変えるためにメンバーチェンジをします。
早い攻撃が持ち味の丸岡の攻撃により
ガラッとコート内の雰囲気が変わります。

20点以降は集中力が続き連続4ポイント取ります。
最後は塩出と江藤のナイスコンビでセットを取りました。

MC 村田→吉田
大村→大谷
塩出→丸岡

◎第3セット目
出だしから相手のスパイクミスで始まります。
1・2セット目のようなブレイクが続く場面は少なく
コツコツと相手との点差を離していきます。

少しずつ自ミスの数が増えますが
その分スパイクで得点を取り返します。
セット中盤に村田と廣瀬がメンバーチェンジします。
廣瀬のガッツあるレシーブと高い打点からのバックアタックで
チームが盛り上がります。

セット終盤ではブロックが効き
最後は廣瀬の相手のブロックにかちこんだ
スパイクでセットを取りました。

MC 村田→廣瀬

結果3-0で日本体育大学の勝利です。
応援の程、有難う御座いました。