ホーム » 試合日程・結果 » 【2021年度国民体育大会東京都予選】vs GSSサンビームズ

【2021年度国民体育大会東京都予選】vs GSSサンビームズ

日本体育大学VS GSSサンビームズ
2-1
1セット目(25-21)
2セット目(18-25
3セット目(25-21)
◎1セット目
1点目は石倉の力強いスパイクで試合開幕です。
序盤は廣瀬・石倉・大村のスパイクが決まり
自分たちの流れで攻撃を展開してきます。
ですが、だんだんと自ミスが目立ち
相手に追い越されてしまいます。(7-9)

中盤に差し掛かると大村と石倉のスパイクと江藤のブロックで負けじと
粘り強く相手に食らい付いていきます。(9-9)
それからは両チームとも集中しており
自分たちが点を取っては相手のチームが点を取って
取っては取られての展開が続きます。
15点が過ぎてからは日体大がブレイクをとり
完全に日体大の流れです。(20-19)

自分たちのリズムを崩さないように安定した大村のスパイク
高打点からの鋭角な廣瀬のスパイクと体重の乗った石倉のサーブが決まり
少しづつ確実に点数を稼ぎます。(23-20)
ここで目黒と李がメンバーチェンジします。
最後は李の相手のいない場所をついたスパイクでセットをとりました。

MC 目黒→李

◎2セット目
2セット目の出だしも石倉の相手の意を突いたプッシュで一点を先取します。
ですが自ミスと相手の技術に圧倒され
どんどん点差を引き離されてしまいます。(6-13)

中盤になると相手の自ミスが増え、自分たちのチャンスがやってきます。
ですが、自分たちのミスも増え点差を引き離されたまま後半となります。
ここで廣瀬と村田がメンバーチェンジをします。
ここから村田が調子を上げ、ブレイクポイントを取ります。(13-18)
しかし、思うようにブレイクが続かず
相手のブレイクポイントが続きます。(14-23)

終盤は江藤、石倉、大村、村田とキレのあるスパイクで
点を稼ぎ調子を上げていきますが、
相手のブロックアウトで2セット目を取られます。

MC 廣瀬→村田

◎3セット目
最終セットはトスミスから始まってしまい
相手チームに一点先取を許してしまいます。
序盤は思うように自分たちのいいプレーが出せず
どんどん点差を放されてしまいます。(5-10)

ですが石倉のスパイクが走り自分たちのチームもブレイクポイントを取ります。
中盤は石倉のサービスエースが2点も走り完全に
自分たちの流れを取り戻します。(14-13)

後半に差し掛かると塩出のブロックで相手の攻撃を遮ります。
20点を超えると菊地のスパイクで相手の点を追い越します。
石倉のスパイクで相手を追い詰め、江藤のブロックでゲームセットです。

MC なし

結果2-1で日本体育大学の勝利です。
応援に程、有難う御座いました。