ホーム » チーム紹介

チーム紹介

本学の歴史は、120有余年の伝統ある大学です。

その中で昭和3年、同好の者が集まりチームを結成し発足されたと記録にあります。昭和6年関東大学選手権大会優勝に始まり、全日本インカレ6・9人制29回、関東・東日本インカレ24回、関東リーグ戦42回の優勝を誇る大学界でも輝かしい歴史と伝統のあるチームです。

昭和27年(1952年)の秋、大学連盟の加盟チームが一挙に倍増した時に、本学も正式に登録され参加チーム中最少人数12名のエントリーからスタートしました。その後、昭和29年(1954年)の春季入替戦で関東大学リーグ1部に昇格した後、今日まで本学だけが1部リーグから一度も降格したことのない唯一の大学であります。

また、同年に開催された第1回全日本大学選手権大会で見事優勝し、第4回以後の13連覇など、「常勝日体大」の輝かしい歴史があります。昭和38年(1963年)6人制の第1回大会と同時に引き続き開催された9人制最後の全日本インカレの両方で優勝したことも特出すべき記録であります。これらの輝かしい栄冠と栄光の歴史には、青春をバレーボールに懸けた先輩方のたゆまぬ努力とあくなき挑戦の賜であると思います。

我々は、日体大女子バレーボール部伝統の継承者として、現在では、「30度目の優勝」を目指しチーム一丸となり日々精進しております。

チームスローガン

「団結和響」
~厳しさの中に明るさを持ち、常にベストを尽くす!~

監督コメント

2018年のチームスローガンは【Be Ambitious】と掲げ、個々・チームが野望を抱き堂々と戦うチームを目指していきたいと思います。“泥臭く心で繋ぐバレーボール”を展開していきます。
今年度のチームの特徴は、闘志溢れるプレーを信条とする不動のミドルブロッカー辻村が主将として個性ある最上級生を牽引する。多彩なコンビ力を武器にゲームプランを構築するセッター櫻井。直向きなリハビリから復帰を狙う小澤。経験を積んできた高さのあるミドルブロッカー伊藤。スピードとテクニックある攻撃でチームを救う柳沼。持ち前のムードで元気を与えるトレーナー増田。的確な分析で勝利に導くアナリスト内藤。影で献身的にチームを見守る学連松田。そして、信念を持ちチームを支える主務丹嶋がチームをまとめる。個性豊かで明るく頼もしい3年生、可能性の宝庫である2年生、それぞれの持ち味が未知数な特徴ある即戦力の1年生。各々が役割を全うし、「価値ある勝利」を掴みたいと思います。
また、応援してくださる方々への感謝の気持ちを決して忘れず、「自らが感動し、人に感動してもらうバレー」を目指します!皆様の温かいご声援を宜しくお願い致します。

主将コメント

私たち日本体育大学は根本先生、野中コーチのもと昨年の悔しさを糧に質の高い練習や強度の高いトレーニングを全員で作り上げ乗り越えてきました。納得がいかず悩んだ期間もありましたが、一人一人が今の課題とまっすぐに向き合い、また選手間同士で指摘し合い、切磋琢磨しながら練習に励んでいます。
今年度のチームテーマは【Be Ambitious】。全員が野望を持ち続け、日々進化していく日体大を目指していきたいと思います。決して大型なチームではありませんが、一人一人の力を合わせ総合力で戦い抜きたいと思います。
私たちが毎日素晴らしい環境で練習が出来ているのは、日体大の関係者の方々やOG・OBの方々、保護者の方々、さらに会場にお越しくださる多くの方々のおかげです。たくさんの支えがあって今私たちはバレーボールができています。この、感謝の気持ちを忘れずに、一戦一戦を全力で戦っていきたいと思います。ご声援の程、宜しくお願い致します。