ホーム » チーム紹介

チーム紹介

本学の歴史は、120有余年の伝統ある大学です。

その中で昭和3年、同好の者が集まりチームを結成し発足されたと記録にあります。昭和6年関東大学選手権大会優勝に始まり、全日本インカレ6・9人制29回、関東・東日本インカレ24回、関東リーグ戦42回の優勝を誇る大学界でも輝かしい歴史と伝統のあるチームです。

昭和27年(1952年)の秋、大学連盟の加盟チームが一挙に倍増した時に、本学も正式に登録され参加チーム中最少人数12名のエントリーからスタートしました。その後、昭和29年(1954年)の春季入替戦で関東大学リーグ1部に昇格した後、今日まで本学だけが1部リーグから一度も降格したことのない唯一の大学であります。

また、同年に開催された第1回全日本大学選手権大会で見事優勝し、第4回以後の13連覇など、「常勝日体大」の輝かしい歴史があります。昭和38年(1963年)6人制の第1回大会と同時に引き続き開催された9人制最後の全日本インカレの両方で優勝したことも特出すべき記録であります。これらの輝かしい栄冠と栄光の歴史には、青春をバレーボールに懸けた先輩方のたゆまぬ努力とあくなき挑戦の賜であると思います。

我々は、日体大女子バレーボール部伝統の継承者として、現在では、「30度目の優勝」を目指しチーム一丸となり日々精進しております。

チームスローガン

「団結和響」
~厳しさの中に明るさを持ち、常にベストを尽くす!~

監督コメント

 今年度も春季リーグ戦を無事に迎えることが出来るのは、各チーム及び企業関係者、そして運営の中心である学連委員、審判員の方々、会場校のご協力に支えられているものであると心より感謝申し上げます。
 いよいよ春季リーグ開幕です。2020年のチームスローガンは【Dynamic Progress】と掲げ、個々・チームが「ダイナミックな前進」を常に考え実行できるチームを目指していきたいと思います。各々が日々成長しチーム力に反映させチーム一丸となり戦い抜きます。
 今年度のチームの特徴は、ディフェンス力を武器に堅実なトスワークでチームを操るセッター鎌田が主将としてチームを牽引する。最上級生となり自覚が芽生えた長身ミドルブロッカーハンダ。持ち前のスピードとパワーを武器にチャンスメイクするミドルブロッカー望月。フロント・バックサイドのコンビ攻撃の要となる野上。身体能力を活かし広範囲を守りセット力のあるリベロ栗栖。自らチームの為にスタッフを志願し戦う準備をする学生コーチ山本。的確な情報をチームに情熱的に伝えるアナリスト周東。そして、冷静かつ献身的にチームを影で支える主務瀬戸がチームをまとめる。個性豊かで明るく頼もしい3年生、大学バレーのキャリアを積んだ堅実な代の2年生、それぞれの持ち味が未知数なやる気に満ち溢れる1年生。各々が役割を全うし、「価値ある勝利」を掴みたいと思います。
 シーズン初めのリーグ戦、応援してくださる方々への感謝の気持ちを決して忘れず、チーム一丸となり本気で覚悟を持って挑みます!
皆様の温かいご声援を宜しくお願い致します。

主将コメント

 2020年度春リーグ開幕にあたりまして大会運営にご尽力いただいております学連の皆様、並びに大会関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。
 私たち日本体育大学は、根本監督、野中コーチのもと、昨年の悔しさを忘れず、日々の練習に取り組んできました。練習をしていくなかでこれまでと同じことを繰り返して行うのではなく、新たなことに挑戦し、仲間とぶつかり合いながら切磋琢磨し、本日を迎えています。また、トレーニングの面でも内容や取り組み方を一から見直し、厳しい時こそ踏ん張れる力を身に付けてきました。チーム全員が一人一人の役割を本気で全うし一戦一戦、全力で戦っていきます。
 また、私たちが恵まれた環境の中で毎日練習が出来ているのは、日体大関係者の方々やOG ・OB の方々、保護者の皆様など沢山の方々の支えがあってのことです。この感謝の気持を忘れずに精一杯頑張ります。ご声援の程、宜しくお願い致します。