ホーム » チーム紹介

チーム紹介

本学の歴史は、120有余年の伝統ある大学です。

その中で昭和3年、同好の者が集まりチームを結成し発足されたと記録にあります。昭和6年関東大学選手権大会優勝に始まり、全日本インカレ6・9人制29回、関東・東日本インカレ24回、関東リーグ戦42回の優勝を誇る大学界でも輝かしい歴史と伝統のあるチームです。

昭和27年(1952年)の秋、大学連盟の加盟チームが一挙に倍増した時に、本学も正式に登録され参加チーム中最少人数12名のエントリーからスタートしました。その後、昭和29年(1954年)の春季入替戦で関東大学リーグ1部に昇格した後、今日まで本学だけが1部リーグから一度も降格したことのない唯一の大学であります。

また、同年に開催された第1回全日本大学選手権大会で見事優勝し、第4回以後の13連覇など、「常勝日体大」の輝かしい歴史があります。昭和38年(1963年)6人制の第1回大会と同時に引き続き開催された9人制最後の全日本インカレの両方で優勝したことも特出すべき記録であります。これらの輝かしい栄冠と栄光の歴史には、青春をバレーボールに懸けた先輩方のたゆまぬ努力とあくなき挑戦の賜であると思います。

我々は、日体大女子バレーボール部伝統の継承者として、現在では、「30度目の優勝」を目指しチーム一丸となり日々精進しております。

チームスローガン

「団結和響」
~厳しさの中に明るさを持ち、常にベストを尽くす!~

監督コメント

 昨年は、コロナ禍第1波の影響で春季リーグ戦が開催されず、実に1年ぶりの春季リーグ戦の開幕となった。学連の弛まない努力で開催されることになったことに心より敬意を表したい。また、各チーム及び企業関係者、そして運営の中心である学連委員、審判員の方々、会場校のご協力に支えられているものであると改めて心より感謝申し上げます。
 「あたりまえ」な日常が奪われ、我々のスポーツ活動を奪っていったコロナウイルス感染症であったが、徐々にコロナとの付き合い方も理解し、感染拡大に対する行動を実施できる状況になっていると考える。これからは、「あたりまえ」を「ありがとう」に変えて過ごすことが肝要だと感じております。
2021年のチームスローガンは【挑戦】を掲げ、個々・チームが「様々なことへチャレンジする姿勢」を大切に実行できるチームを目指していきたいと思います。各々が日々成長しチーム力に反映させチーム一丸となり戦い抜きます。
 今年度のチームの特徴は、高さあるテンポ良いトスワークでチームを操るセッター塩出が主将としてチームを牽引する。機動力を武器にブロックを抜き去るミドル菊池。確固たるディフェンス力が武器な仕事人吉田。パス力とディグ力でチームの勝利の要となる岳野。持ち前のスピードある動きでボールに反応しピンチを救う貝塚。そして、厳しさの中に明るさを持ちチームを影で支える主務増田がチームをまとめる。堅実な姿勢で着実に力をつけている3年生、いよいよ大学に慣れハツラツとしたプレーが見られる2年生、高さとキャリアがあり将来性期待大の1年生。各々が役割を全うし、「価値ある勝利」を掴みたいと思います。
 久しぶりの正式なリーグ戦、応援してくださる方々への感謝の気持ちを決して忘れず、チーム一丸となり挑戦を繰り返し成長するチームを目指します。
皆様の温かいご声援を宜しくお願い致します。

主将コメント

 2021年度春季リーグ開催にあたりまして、大会運営に御尽力いただいております学連の皆様、並びに大会関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。
私たち日本体育大学は、新型コロナウイルス感染症の影響で、思うように練習ができない期間を経験し、バレーボールができることの楽しさや有難みを改めて実感しました。新チームとなり、チーム内でゲームを繰り返し行い、全員のプレータイムを増やし、互いに切磋琢磨し合いながら努力してきました。また、トレーニングなどの強度も上げ、常に質の高い練習を積み重ねて本大会を迎えております。今年度のチームのテーマは「挑戦」と掲げ、新しいことや様々なことに挑戦し、チーム全員が一丸となって一戦一戦、戦い抜いていきます。また、バレーボールができることは当たり前ではなく、私たちが恵まれた環境の中で毎日練習ができているのは、日体大関係者の方々OG・OBの方々、保護者の皆様などたくさんの方々の支えがあってのことだと日々感じています。この感謝の気持ちを忘れず精一杯頑張ります。ご支援の程、宜しく御願い致します。