ホーム » チーム紹介

チーム紹介

本学の歴史は、120有余年の伝統ある大学です。

その中で昭和3年、同好の者が集まりチームを結成し発足されたと記録にあります。昭和6年関東大学選手権大会優勝に始まり、全日本インカレ6・9人制29回、関東・東日本インカレ24回、関東リーグ戦42回の優勝を誇る大学界でも輝かしい歴史と伝統のあるチームです。

昭和27年(1952年)の秋、大学連盟の加盟チームが一挙に倍増した時に、本学も正式に登録され参加チーム中最少人数12名のエントリーからスタートしました。その後、昭和29年(1954年)の春季入替戦で関東大学リーグ1部に昇格した後、今日まで本学だけが1部リーグから一度も降格したことのない唯一の大学であります。

また、同年に開催された第1回全日本大学選手権大会で見事優勝し、第4回以後の13連覇など、「常勝日体大」の輝かしい歴史があります。昭和38年(1963年)6人制の第1回大会と同時に引き続き開催された9人制最後の全日本インカレの両方で優勝したことも特出すべき記録であります。これらの輝かしい栄冠と栄光の歴史には、青春をバレーボールに懸けた先輩方のたゆまぬ努力とあくなき挑戦の賜であると思います。

我々は、日体大女子バレーボール部伝統の継承者として、現在では、「30度目の優勝」を目指しチーム一丸となり日々精進しております。

チームスローガン

「団結和響」
~厳しさの中に明るさを持ち、常にベストを尽くす!~

監督コメント

 2019年のチームスローガンは【Go for That】と掲げ、個々・チームが今あるその先へ向かう為には何を成すべきか?を常に考え実行できるチームを目指していきたいと思います。
各々が日々成長しチーム力に反映させチーム一丸となり戦い抜きます。
 今年度のチームの特徴は、持ち前のパワーを武器に果敢に攻めるアウトサイド熊井が主将としてチームを牽引する。最上級生になりエースとしての自覚が芽生えた成長著しいアウトサイド中野。テクニックと抜群のパス力でチームにアクセントを加えるアウトサイド花井。高さとスピードを武器とするミドルブロッカー稲津。直向きな努力で力を付けてきたミドルブロッカー佐々木。身を投げ出したディグでチームを鼓舞するリベロ溝口。的確なポジショニングを武器に勝負に徹するリベロ池谷。そして、献身的にチームを影で支える主務星野がチームをまとめる。個性豊かで明るく頼もしい3年生、大学バレーのキャリアを積んだタレント揃いの2年生、それぞれの持ち味が未知なやる気に満ち溢れる1年生。各々が役割を全うし、「価値ある勝利」を掴みたいと思います。
 シーズン初めのリーグ戦、応援してくださる方々への感謝の気持ちを決して忘れず、
「自らが感動し、人に感動してもらうバレー」を目指します!
 皆様の温かいご声援を宜しくお願い致します。

主将コメント

 私たち日本体育大学は、根本監督、野中コーチのもと、昨年のサンターコートでの悔しさを決して忘れず、日々の練習をしていく中でチームや個人の課題が見つかり悩むこともありましたが、その都度、仲間と話し合い、試行錯誤を繰り返してお互いに切磋琢磨しながら本日を迎えています。また、練習だけではなくトレーニングの面でも肉体改造を目標に強度のあるトレーニングを全員で乗り越えてきました。チーム全員が今の自分に満足せず、どんな時でも最後までやり抜く力をつけて一戦一戦、全力で戦っていきます。
 また、私たちが恵まれた環境の中で毎日練習ができているのは、日体大関係者の方々や
OG・OBの方々、保護者の皆様など沢山の方々の支えがあってのことです。この感謝の気持ちを忘れずに精一杯頑張ります。ご声援の程、宜しくお願い致します。