ホーム » 活動トピックス » 春季リーグ VS 順天堂大学

春季リーグ VS 順天堂大学

2017年4月16日(日)
こんばんは!星野実佑です。

本日より春季リーグが開幕しました!

初戦の相手は昨年度の春リーグ同様
順天堂大学と戦いました!

日本体育大学VS順天堂大学
(3-0)

1セット 25-23
2セット 25-20
3セット 25-21 


     


試合内容

【第1セット】

出だしからチームに少し硬さがあり、
相手にリードされる展開からゲームスタート。

相手の連続得点がが続いている中
小澤のブロックアウトで相手の流れを切ります。
伊藤のサーブポイントで4-6

その後も粘り続け、
キャプテン目黒を中心に連続得点をし16-16

相手も負けじと粘り
その勢いに圧倒され後半
相手に追いつかれる展開となりました。

23-21の場面では
溝口(由)のディグから
小澤のナイススパイクで流れを掴み
最後は柳沼のナイススパイクで
セットを取ります。

MC
伊藤→立石

【第2セット】

1セット目と同様、
出だしを一気に攻めることができず、
スタートから相手の高いブロックに捕まり2-4

辻村のサーブポイントで相手に追いつくと
簡単には決めさせないと言わんばかりの
繋ぎのプレーで11-7
しかし
コンビで攻撃を仕掛けましたが
相手のブロックにつかまり苦しい展開となりました。
そこで流れを変えようと二枚替えを起用しましたが
なかなか流れを作ることができず
連続失点となりました。

その後は上級生の気持ちがこもった
プレーが炸裂し大量得点。
柳沼の冷静なフェイントで
相手のミスが目立ち
25-20でセットを取ります。

MC
小澤→鎌田
櫻井→中野

【第3セット】

櫻井のサーブポイントからゲームスタート。

流れは良かったものの
自分たちのミスが続きました。

しかし、
最高学年としてチームを引っ張っている
溝口(由)のナイスレシーブから
キャプテン目黒がブロックアウトをし
チームに良い流れが来ました。

そして
熊井のナイスサーブで相手を崩し
櫻井と辻村のナイスコンビで24-19
最後の最後で相手に追いつかれ
連続失点となりましたが
目黒の冷静なスパイクが決まり25-21で
順天堂大学に勝利しました!

MC
栁沼→熊井

明日はリカバリーとなります!
それでは失礼します!