ホーム » 活動トピックス » 【秋季リーグ4日目】VS早稲田大学

【秋季リーグ4日目】VS早稲田大学

2017年10月1日(日)
こんばんは! 丹嶋明音です。

秋季リーグ 4日目
日本体育大学VS早稲田大学
3-0)

1セット目(25-11)
2セット目(27-25)
3セット目(25-19)

結果(3-0) 日体大勝利!

試合内容

【1セット目】

気持ちを切り替え
挑んだ秋季リーグ第4日目

2年中野のスパイクから
試合は始まります。
また4年木村のナイスブロック
3年辻村のブロード攻撃で
点数差を広げていきます。

二枚リベロの
4年溝口
2年池谷の安定した
レシーブに加え
ミドルプレーヤーの
ナイスディグで
チームの雰囲気は
最高潮!!

このセットを
確実に取り切ります。

【2セット目】
相手の先制した展開から
始まります。
ここで流れを断ち切ったのは
4年木村のスパイク!
コートの空いてるコースを
確実に狙った
スパイクで相手を翻弄!!
ノータッチでコートに
落とします。
3年伊藤のブロックポイント
4年目黒のナイスカバー
点数差を縮めます。

しかし後半に自ミスが
増え始めカバーリングも
甘くなります。
苦しい場面でチームを
救ったのは、2年中野の
ストレート
キャプテン目黒の
ナイスディグ
全員の諦めない気持ちが
総力となって
ギリギリの展開の中、
このセットを勝ち取ります。

【3セット目】
4年目黒のスパイク
3年辻村のナイストスを
4年木村のブロックアウト
リベロ溝口の安定したキャッチ
日体らしいバレーが
展開され始めます。

昨日の悔しさを
ぶつけるかのように
相手コートにたたきつけます。
また二枚替えで
2年佐々木 1年鎌田コンビが
躍動しチームを盛り上げ
最後は4年立石の
ブロックアウトで
ゲームセット!!

結果3-0で早稲田大学に
勝利です。

今日は昨日の
悔しさをたたき込む事が
できました。
切り替えようは
簡単に言えますが、
そう簡単にはいきません。
みんなの中にある
もやもやは消えにくいです
それを変えるチャンスがあるのは
1人1人プレーや声かけでは
ないでしょうか。
ある本で、一人の
ファインプレーで
チームの雰囲気は
ガラリと変わると書いてありました。え

全力プレーがいつか
チームの危機を救うことが
あるかもしれません、、、。

明日はリカバリーとなるので
ブログはお休みさせて頂きます。

今日から10月です。
一日、充実した日を
送ってください

それでは失礼します。