ホーム » 活動トピックス » 【秋季リーグ6日目】VS宇都宮大学

【秋季リーグ6日目】VS宇都宮大学

2017年10月8日(日)
こんばんは! 丹嶋明音です。

日本体育大学VS宇都宮大学
3-2)
1セット目(25-17)
2セット目(12-25)
3セット目(13-25)
4セット目(25-17)
5セット目(15-8)

結果(3-2)で日本体育大学が勝利

試合内容

【1セット目】
全員バレーで挑んだ
秋季リーグ6日目。

負けられない戦いの中
4年木村のスパイクポイントから
試合は始まります。
4年目黒のナイスキャッチから
コンビの流れを作り
2年中野のバックアタックで
点数差を広げます!!

3年櫻井が
ミドル3年伊藤を上手く起用し
速攻が決まり始めます!

中盤、相手セッターの
ツー攻撃に苦しめられますが、
最後は2年中野のブロックアウトで
このセットを勝ち切ります。

【2セット目】
繋いで、繋いで、
全員で戦っていた日体大の
流れが、歯車が崩れ始めます、、、
相手のツー攻撃や
レフトからのブロックアウト
リベロのナイスディグ

相手の負けられない
この1戦にすべてをかけて
戦う姿勢、気迫
そして自分たちのミスも
重なりこのセットは
かなりの点数差で落とします。

【3セット目】
悪い流れ、雰囲気の中
試合は展開されます。

サイドアタッカーが決まらずに
思うようにプレーが
点数を取ることが出来ず、
苦しい展開が続き、
点数がどんどん離れていきます。
3年辻村の気持ちのこもった
ブロードで、落ち込んでいた
チームを鼓舞しようと
修正にかかりますが、届かず、
苦しい展開のまま
このセットを落とします。

【4セット目】
流れを変えたい日体大、
ここで両レフト
4年目黒、木村に代わって
2年花井
1年野上が起用されます。

チームの雰囲気が一変し始めます、
1年野上がスパイクを決め
2年花井の安定したレセプション

3年辻村、2年中野が
便乗するように、
気迫あるプレーで相手を
萎縮させます。

また2年池谷の体を張った
ディグや3年伊藤の高さある
スパイクで翻弄!!

また2年花井のブロックポイント
3年辻村の声掛け
3年櫻井のナイストス回しで
このセットを勝ち切り
最終セットに持ち込みます!!

【5セット目】
チームを立て直すため
4セット目のメンバーが
再びコートに立ち躍動します。

この試合初めてチームの
一体感というのを肌で感じました。
誰もが勝ってほしい、
決めて欲しい、みんなが祈る
そんな姿勢が、コート内
ベンチそしてサポートメンバーからの
にじみ出ていました。

相手のツーに苦しんでいましたが
後半2年花井がツーを阻止!!
3年櫻井のナイスサーブで
ダイレクトを3年伊藤
最後は2年中野のスパイクで
ゲームセット

結果3-2で宇都宮大学に勝利です!

今日は苦しい内容になって
しまいましたが、
なんとか勝ち切る事ができました。

反省点はたくさん見つかりました。
チームの弱い部分が
見えたそんなゲームだったと思います。

戦うことをやめたら
その時点でゲームセット。
まだ試合は終わっていないのに
内心もうダメかもとか
流れを変えることができない
決まらない、
どんどん自己暗示を自分に
かけて自分自身をつぶして
しまいます。
そんな時に助けてくれるのは
チームメイトではないでしょうか。
同じ屋根の下で生活し
一日の半分はこのメンバーで
練習も私生活も過ごしています。
困った時はお互い様で
助け合うことが必要だと、
上級生、下級生関係なく
助けなきゃいけないと
私は感じます。

それがどんな救いの手であろうと
差し伸べられたその手に
もう一度、戦う姿勢を
取り戻してくれるチャンスは
あると信じていますし
今だからこそ
真のチーム力が
試されるときだと!!
どん底にいるからこそ
上へ上へ目指していければ
必ず光は見えてくると思います!!

明日の試合日程を報告させて頂きます。

◇試合日程
10月9日(日)
会場 青山学院大学 相模原キャンパス
第3試合 Aコート
VS青山学院大学 14時頃~

応援の程、宜しくお願い致します。

今日も温かい声援有難う御座いました。
明日もチーム一丸となって
戦い抜いていきたいと思います。
苦しい展開もありますが、
選手一同、たくさんの声援に助けて頂いています。
明日もかわらぬ
温かい声援をよろしくお願いします!!

それでは失礼します。