ホーム » 活動トピックス » 【秋季リーグ7日目】VS青山学院大学

【秋季リーグ7日目】VS青山学院大学

2017年10月8日(月)
こんばんは!丹嶋明音です。

日本体育大学VS青山学院大学
(3-0)
1セット目(25-19)
2セット目(30-28)
3セット目(25-17)

日本体育大学の勝利

◇試合内容◇

【1セット目】

昨日の激戦から
今日も昨日のメンバーが
コートに立ちました!!

昨日から絶好調の
1年野上のキレキレの
クロスで点を取れば、
2年中野のスパイクで
相手を翻弄します。

3年辻村の
気持ちのこもった
スパイク

また二枚替えで
1年コンビの
鎌田、山本が躍動!!
フレッシュさが爆発!!

2年池谷のナイスディグ
3年伊藤のブロックポイントで
このセットを勝ち切ります!

【2セット目】
1年野上が止まりません
相手のライトを
1枚ブロックでシャットアウト。

2年中野のバックアタック!!
強烈なボールが
相手をぶっ飛ばします!
2年池谷、花井の
崩れないレセプションで

3年櫻井の組み立てで
ブロッカーを惑わします!

しかし、相手も粘ります。
センターのナイスシャット
粘りあるバレーそして
勢いに押されはじめ、
デュースの勝負に
望みをかけます。

2点取るまで終わらない
ハラハラの展開
3年櫻井の意表を突く
ツー攻撃

3年伊藤のブロックアウト
粘り強く、我慢強く
チャンスを待ちます!

また秋季リーグ
初出場の1年ハンドスレンが
ミラクルを引き起こします!

相手に先制される展開が
長くありましたが
最後は1年野上の
シャットアウトで
このセットを勝ち切ります!!

【3セット目】

出だしから日体の
ムードは変わりません。
面白いようにスパイクが
決まります!!

2年花井のコートを読んだ
プッシュや、
3年辻村の体を投げ捨てた
レシーブでチームを鼓舞し

3年櫻井のナイスサーブで
点数差を広げ

相手を寄せ付けることなく
ゲームセット。

結果3-0で青山学院大学に勝利です。

今日は苦しい展開、場面も
ありましたが、なんとか
ストレートで勝ち切る事が
できました。

特にデュースの場面では
相手に何度先制されても
失敗を恐れず、かかんに
攻めた結果がこの勝利を
生んだのだと思います。

この3連戦では様々な事が
ありました。
思い通りにいかず
苦しい時間もありましたし
チームの総力を
生かしきれないそんな内容に
なってしまいました。

十人十色と言いますが
みんな目指すもの、場所は同じでも
考え方、その人の性格は、
そこに行くまでのプロセスは
人それぞれです。
だけどチームが勝つためには、
バラバラに向かっている
意思を一つにまとめなければ
チームの総力は発揮できないと
思います。

一つにまとめることが
すごく難しい事は
このチームの誰しもが分かっているし
これまでのバレー生活で
一度は中心存在としてチームを
まとめてきた経験がある人が
多いからこそ十分に
分かっていると思います。

昨日も書きましたが
このどん底にいるときに
チームの真の力が試されるし
変われるチャンスだと思います!!

東レの社長さんは
こんな名言を言っています。
『1人の100歩より、100人の1歩が大事
チームワークである』と

1人の力では
団体スポーツは勝てません。
全員がチームの為に
同じ一歩を踏み出せるかが
残り4戦を勝ち抜くために
大切になってくると思います。

残り4戦も全員で、
戦い抜きます!!!!

明日はリカバリーとなるので
ブログはお休みさせて頂きます。

秋も中旬に差し掛かろうしています。
最近、風邪が流行り始めて
いるみたいなので皆さん
お体には気を付けて、
過ごしてください!!!

それでは失礼します。