ホーム » 活動トピックス » 春季リーグ戦VS東京女子体育大学

春季リーグ戦VS東京女子体育大学

2018年4月8日(日)
こんばんは!星野実佑です!

本日より、
春季リーグ戦が開幕しました!

今日は東京女子体育大学と試合を行いました!

日本体育大学 VS 東京女子体育大学
(3-1)

1セット目 23-25
2セット目 25-19
3セット目 25-23
4セット目 25-21

 

◇試合内容

第1セット

開幕戦とあってチームに少し硬さがあり
相手にリードされゲームスタート。

なかなか相手のリズムを止めることでできず
日体大がタイムアウト。

タイム空け、
中野のスパイクポイントで
相手の流れを止めます。

続けて柳沼の1枚ブロックで
連続ポイント!

中盤には、
キャプテン辻村のブロックとサーブが走り逆転。

そのままの流れで、
2年野上のブロックアウトでチームを
盛り上げます!

しかし、
ここから相手のブロックポイントが続き
最後は相手のエースにスパイクを決められます。

第2セット

出だしは相手のスパイクミスからスタート。
セッター櫻井と伊藤のナイスコンビで3-1となる。

柳沼の連続サーブポイントで点差を離すが、
1セット目と同様、
相手ブロックに苦しめられ連続失点。

しかし、
中野のバックアタックで流れを取り返します。

そして、
デビュー戦となった2年栗栖のナイスパスから
櫻井と柳沼のコンビでさらに相手との点差を付けます。

キャプテン辻村の勢いあるブロードから、
中野・櫻井のブロックポイントで
セットを取ります。

MC 野上→花井

第3セット
このセットからスタートメンバーとして出場の
花井が出だしから相手を揺さぶるスパイクでポイント。

このセットは、シーソーゲームとなり
白熱したラリーが続く。

セッター櫻井のサーブポイントでさらに点数を取ります。

18-20の場面で、
相手のサーブが走りコート内には
少し慌てた雰囲気があったが、
リベロの栗栖が相手のサーブをしっかりと
見分け冷静なジャッジでチームを立て直す。

その後は、
花井と栗栖の安定したキャッチで
攻撃を展開しようとするが
自分たちの攻撃が相手に通用しなくなり19-22。

しかし、伊藤の相手をよく見たフェイントと
中野のバックアタックで追いつき
栗栖のナイスディグでチームの流れを取り戻します。

第4セット
伊藤のブロックポイントで
スタートからチームに良い流れが来ます。

花井のブロックアウトと押し込みで
自分たちのやりたいバレーボールを作ることができ
チャンスから辻村と櫻井のナイスコンビで相手を翻弄します。

中盤から後半にかけては、
柳沼・辻村・中野のスパイクが相手コートに突き刺さり
相手を離します。

相手も負けじと、
コート内の空いているところを探し、
フェイントで攻撃をしてきました。

そこを花井が先読みをして
レシーブに入り攻撃に繋げます。

そこから、
櫻井と伊藤のコンビが止まらず18-14。

このままの勢いで、
花井の技ありのスパイクでポイント。
続けて、
栗栖のナイスレシーブから中野が攻めます。
最後は、
キャプテン辻村のブロックポイントで
25-21となりゲームセット。

MC 櫻井→菊地

結果3-1で東京女子体育大学に勝利しました!

開幕戦の今日は、
チームに緊張があったように感じました。

まだまだこれから試合が続き来ますが、
このリーグ戦の雰囲気に早く慣れて
もっと自分たちの持ち味を出していけるように頑張ります!

来週も応援の程、
宜しくお願い致します。

それでは失礼します(^^)/