ホーム » 活動トピックス » 春季リーグ戦7日目 VS 早稲田大学

春季リーグ戦7日目 VS 早稲田大学

2018年4月29日(日)
こんばんは!星野実佑です!

本日は春季リーグ戦7日目、
早稲田大学と対戦しました!

日本体育大学VS早稲田大学
(3-0)

1セット目 (25-11)
2セット目 (25-21)
3セット目 (25-18)

◇試合内容

第1セット
柳沼のスパイクポイントからゲームスタート。
栗栖のナイスディグから
中野のバックアタックで連続得点となります。

野上がライトからインナーに打ち込んだあと
続けてブロックアウトを取り8-2。

しかし、
相手のダウンボールを
正確にセッターに入れることが出来ず
少し乱れた攻撃をしてしまい12-7となり
相手が点差を縮めてきます。

辻村が得意とするワイド攻撃が決まり
サーブに回りますが
ここでも辻村のサーブポイントで
連続得点となります。

ジャンプトスが絶好調の栗栖がライトにトスをあげ
野上が相手ブロック裏にフェイントをして18-8となり
点差を大幅に広げます。

辻村の前に3枚ブロックが立ちはだかりましたが
ブロックを気にせず思い切り打ち上げ
このセットを取ります。

第2セット
中野の連続スパイクポイントが決まり
さらに野上のサービスエース。
辻村と柳沼が絡んだ4年生コンビで
早いトスを柳沼がきれいにコース打ち込み
リードします。

しかし、
相手の攻撃が決まり始めると
自分たちのミスも多くなり
1点差まで追い付かれてしまいます。

後半、
栗栖のナイスパスから
伊藤が奥のコースに決めます。

その後、
相手にブロックを利用され
連続失点を取られてしまいますが、
柳沼・野上が技のあるプレーで
相手を揺さぶり連続で点数を取り返し
このセットも取ります。

第3セット
序盤からシーソーゲームの展開になり
相手の角度あるスパイクに苦しめられます。

中野のブロックポイントに続き
辻村もブロックでポイントを取ります。

櫻井と辻村のナイスコンビが決まり
伊藤の速攻でさらに点数を稼ぎます。

栗栖が相手のスパイクコースを先読みし
ナイスディグ!

本日絶好調の野上が
ブロックとスパイクで
チームが良い流れになります。

メンバーチェンジで入った
1年生の吉田がフリーボールから
ナイススパイクを打ち
ゲームセット。

MC
櫻井→菊地
野上→鎌田
中野→花井
柳沼→吉田

結果3-0で日本体育大学の勝利です。

今日の試合で前半戦が終了しました。
ゴールデンウィークを挟み
また試合が始まりますが
前半戦での反省をこの1週間で修正して
後半戦は前半戦とは違ったチームになれるように
この休み期間中の練習を
内容の濃いものにしていきたいと思います!

応援してくださる
多くの方々に良い報告ができるよう
後半戦に向けて頑張ります!

それでは失礼します(^^)/