ホーム » 活動トピックス » 東日本インカレ3日目~VS順天堂大学・筑波大学~

東日本インカレ3日目~VS順天堂大学・筑波大学~

2018年6月23日(土)
こんばんは!星野実佑です!

本日は東日本インカレ3日目、
第1試合は順天堂大学
第2試合目は筑波大学と対戦しました!

☆第1試合

日本体育大学 VS 順天堂大学
(3-2)

1セット目 (24-26)
2セット目 (21-25)
3セット目 (27-25)
4セット目 (25-13)
5セット目 (15-10)

◇試合内容

◎第1セット
相手のスパイクポイントから始まったが
中盤までシーソーゲームの展開。

野上が相手のブロックの上を狙った
スパイクを打ち、
相手のミスが続きます。

熊井のスパイクが
相手のいないコースに決まりますが
その後、相手の反撃に苦しめられ
24-26でこのセットを落とします。

◎第2セット
中野のブロックアウトからゲームスタート。

佐々木と鎌田の息の合ったコンビで
連続ポイントとなります。

しかし、
相手の守りも固く簡単には決まらない
展開に持ち込まれタイムアウト。

タイム空け、流れを作りたいところで
熊井の力強いスパイクが決まり、
相手から連続ポイントを奪います。

しかしその後、
相手に連続ポイントを取られ
ミスが多く出始めたところで
またもやタイムアウト。

ここから一気に攻めたい場面では、
伊藤のブロックポイントと
野上のナイススパイクで
流れをこちらに持っていきたかったが
先にリードを取られセットと落とします。

MC 
熊井→菊地
鎌田→櫻井

◎第3セット
2セット先取され、
後がない状況で迎えた3セット目。

スタートから中野・野上のスパイクが炸裂し
連続ポイント。

稲津が相手の隙をついた
フェイントで日体ペースになります。

櫻井が相手ブロックを大きく動かすトス回しで
アタッカーを操り、伊藤の高い打点からの
プッシュが決まりリード。

中盤から熊井のブロックアウトと
野上のバックアタックで
さらに点数を稼ぎ、
この流れのまま20点以降に進みます。

後半は、
相手との打ち合いになり
ラリーが長く続きますが
粘りのある繋ぎでラリーを取り
最後は伊藤のブロックポイントで
このセットを取り返します。

◎第4セット
1.2セットとは、
流れが全く違う展開になります。

相手の攻撃をブロックで止め、
櫻井と伊藤のコンビや
櫻井と熊井のコンビで連続ポイント。

次に、
櫻井がサービスエースを取ります。

後半は、
アタッカー人が一気に攻め続け
大きくリードをしたまま
ゲームセット。

MC
中野→花井
◎第5セット
このセットは、
スタートからリード。

稲津・熊井・中野のスパイクで
連続得点となり相手のミスが多く出てきます。

しかし、
後半にかけて
こちらの攻撃が決まらず
苦しい展開になります。

1点が欲しいところで
中野にトスが集まり始めたころ
ブロックにつかまりますが、
全員でフォローをし合い
何本も攻め続けます。

最後は、稲津と櫻井のコンビで
セットを取ります。

結果、3-2で日本体育大学の勝利です。

★第2試合

日本体育大学 VS 筑波大学
(0-3)

1セット目 (22-25)
2セット目 (23-25)
3セット目 (16-25)

◇試合内容

第1セット
順天戦と同様、
スタートから相手のペースになります。

始めは、
相手の高いブロックに苦しめられますが
次第にブロックを利用したスパイクで
なんとか苦しい場面を乗り越え
相手との点差を縮めていきます。

伊藤・野上のスパイクで相手を翻弄!
流れが少しずつ日体大に傾きます。

しかし、中盤相手の勢いに押され
点数差が離れてしまい、最後も
相手の攻撃を食い止めることができず
このセットを落としてしまいます。

◎第2セット
流れを変えたい日体大
序盤から中野のスパイクが止まりません。
相手も負けじと攻めてきますが、
練習を重ねてきたレシーブが要所要所で
チームを救います!

栗栖のナイスレシーブから
キャプテン熊井の渾身のスパイクで
チームを活気づけると
続いて稲津のブロードで
相手のレシーブを崩し始めます。

しかし相手も黙ってはいません。
ナイスレシーブから素早いトス回しで
ブロックを崩しコートにスパイクをたたきつけ
会場をわかせます。
日体大も中野の打点の高いスパイクで
会場をわかせますがあと一歩及ばず
このセットも落としてしまいます・

◎第3セット
このままで終わらせたくない日体大
誰しもがもう一度気持ちを入れ直します。
相手も負けじと日体大の攻撃を封じ込めに
かかります。

取って取られての展開が続く中
先に出たのは筑波大学、
日体大のミスを逃さず、1点。2点
その差は徐々に開いていきます。

流れを変えたい、

コートもベンチも応援席も
誰もが逆転を信じて戦い続けましたが、
その差を埋めることができず、ゲームセット。

結果3-0で筑波大学に敗戦です。

今日の試合はタフな試合展開でしたが、
みんなで繋ぎ合いながらできた試合でもありました。

明日は、3位決定戦となるので
今日のような粘り強い守りと
常に攻め続ける気持ちを持ち
戦っていきたいと思います!
東日本インカレも最後となりました。
明日も応援の程、宜しくお願い致します。

それでは失礼します(^^)/