ホーム » 活動トピックス » 東日本インカレ最終日~VS日本女子体育大学~

東日本インカレ最終日~VS日本女子体育大学~

2018年6月24日(日)
こんばんは!星野実佑です!

本日は東日本インカレ最終日でした。
私たちは、昨日の準決勝で敗退した為
3位決定戦へ進みました。

日本体育大学VS日本女子体育大学
(1-3)

1セット目 (22-25)
2セット目 (25-15)
3セット目 (20-25)
4セット目 (17-25)

◇試合内容

◎第1セット
野上のスパイクからゲームがスタート。
序盤から相手にリードを取られ
追いかける展開となりましたが、
中野・熊井・野上のスパイクポイントで
点差を縮め逆転をし19-19。
そこから自分たちのスパイクで
点数を稼ぎましたが
相手に一歩及ばず第一セットを落としてしまいます。

MC
鎌田→山本
野上→塩出
中野→花井

◎第2セット
野上・中野のスパイクで
スタートからリード。
稲津・鎌田が続けてブロックポイントを取り、
流れは日体ペースになります。

熊井がフェイントで相手を揺さぶり
リードを保った展開になります。

3年の稲津がブロックに続けて
スパイクでも点数を取り、
良い流れのまま後半を迎えます。

20点以降は、
野上が器用なプレーで相手のブロックを
弾き飛ばし連続ポイント。

最後は、伊藤のブロックポイントで
このセットを取り返します。

MC
鎌田→山本
野上→塩出

◎第3セット
2セット目の勢いのまま攻め続けたい日体大。
出だしから相手のミスが目立ち大きくリードを取りますが、
中盤で4連続失点があり
相手に追いつかれてしまいます。

その後、必死に食らいつき点差を縮めますが
相手の勢いに押されてしまい流れが悪くなります。

相手の勢いを抑えるために
2枚替えで山本・塩出が入ります。

熊井・栗栖のナイスレシーブから
塩出が山本にトスを持っていき
山本がきれいにスパイクを決め
チームの流れを変えます。

しかし、
相手も黙っておらず
ブロックやコンビで点数を取られ
このセットを落とします。

MC
鎌田→山本
野上→塩出

◎第4セット
このままでは終われない日体大が攻めます。
中野のバックアタックで前半から流れを作りますが
勢いが止まらない相手が、
コンビやブロックを使った攻撃で流れは相手へ。

しかし、
やられてばかりではいられないと
鎌田のツー攻撃と
熊井のパワフルなスパイクで
相手に追いつきます。

その後、後半にかけて
相手のペースになりミスが多く
連続失点。

1点でも多く取り返したいという
思いが強く出たプレーでは、
伊藤のスーパーレシーブに加え
鎌田・熊井・栗栖が粘りのあるレシーブから
野上が決めます。

伊藤のブロックポイントから一気に点数を
取りたいところだったが
相手の攻撃に押されこのセットを落とします。

結果3-1で日本女子体育大学の勝利です。

東日本インカレも本日で閉幕致しました。
この4日間は、自分たちにとって得るものが多く
チームとしても大きく成長できた大会であったと思います。

結果としては、4位となりましたが
試合をしていく中で
一人一人が成長出来ました。

ここまで上がってくるのには
苦しい展開がたくさんありましたが
目の前にある試合をひとつずつ
戦い抜く力をつけられた試合であったと思います。

今日で前半戦がすべて終了しましたが、
後半戦に向けてまた新たな気持ちで
練習に取り組んで行きたいと思いますので
今後とも応援の程、宜しくお願い致します。

明日からはリカバリーとなる為
ブログをお休みさせて頂きます。

それでは失礼します(^^)/