ホーム » 活動トピックス » 秋季リーグ戦 1日目vs日本大学

秋季リーグ戦 1日目vs日本大学

2018年9月8日(土)
こんばんは!星野実佑です!

秋季リーグ戦が開幕致しました!

初戦は日本大学と対戦しました!

日本体育大学vs日本大学
(3-0)

1セット目 (23-25)
2セット目 (25-21)
3セット目 (25-22)
4セット目 (24-26)
5セット目 (15-12)

◎第1セット
初戦から勢いに乗りたい日体大だったが
スタートの1点を取られ
そこからシーソーゲームとなります。

しかし、
相手にキレのあるスパイクを打たれ
徐々に相手ペースになり11-13

ここから追いつきたいという場面で
溝口がピンチサーバーとしてコートイン。
ここまで相手に何本もブロックをされていましたが、
溝口のナイスフォローから
柳沼が技のあるスパイクで得点!

後半になり、
伊藤・櫻井のコンビがきまり
相手との点差を縮めます。

20-21のところで野上がライトから
角度のあるスパイクを打ち込み
その後は野上のナイスサーブで連続得点。

こっからが勝負ところ!
キャプテンの辻村が相手の穴をついていきますが
相手の攻撃が止まらずセットくを落としてしまいます。

MC
中野→溝口

◎第2セット
1セット目とはガラッと勢いが変わり
出だしからリードする展開。

この試合から復活をした池谷がナイスディグをし
中野がスパイクを決めます。

またもや中盤で相手のブロックに苦しみますが、
こちらも負けじと辻村のブロックで相手の攻撃を封じ込めて
流れは日体ペース!

19-15の時に
辻村・櫻井が多彩なコンビバレーで
相手を崩します。

20点以降からは、
相手のミスが続き
そのままの流れでこのセットを取り返します!

MC
中野→溝口
櫻井→ハンダ

◎第3セット
2セット目の流れのまま
スタートは好調。

野上のナイスブロックで8-0

櫻井が際どいボールをカバーし
伊藤が攻めます!

15以降で辻村・柳沼がフェイントで
相手を困らせ
18-10と点差を広げます!
その流れで野上のバックアタックが決まり
柳沼がフロントで技のあるスパイクを打ち
このセットも取ります。

MC
中野→溝口

◎第4セット
このセットを取ればゲームセットとなる
第4セット目。

序盤から攻撃が良く
リードした状態で後半に入ります。

中野のブロックポイントと
スパイクポイントで14-9

しかし、
後半に入ると相手も負けじと
力強いスパイクを打ち込み
点差を徐々に縮められてミスが増えていってしまいます。

ここで点差を離されると苦しい日体大であったが
相手の猛攻撃に圧倒されてしまい
このセットを落とします。

MC
中野→溝口

◎第5セット目
このセットを何としても取りたい日体大!

出だしは相手の連続ポイントとなり、リードされます。
その流れを変えようと
中野と辻村が力強いスパイクで攻めます!

しかし、
コートチェンジとなる8点目までは
相手ペースとなりますが
ここから意地の巻き返しがスタート。

伊藤のスパイクと野上のブロックポイントで
11-9となります。

柳沼のナイスレシーブから櫻井の華麗なトスワークで
中野に持っていき
角度のあるコースに打ち込み14-10
最後は相手のスパイクミスでゲームセット!

結果3-1で日本体育大学の勝利です!

今日は苦しい戦いとなりましたが、
明日は今日の反省を活かして
全員で頑張ります!

応援の程、宜しくお願い致します!

それでは失礼します(^^)