ホーム » 活動トピックス » 秋季リーグ戦3日目 VS松蔭大学

秋季リーグ戦3日目 VS松蔭大学

2018年9月15日(土)
こんばんは!星野実佑です!

本日は秋季リーグ戦3日目
松蔭大学と対戦しました!

日本体育大学VS松蔭大学
(3-2)

1セット目 (19-25)
2セット目 (25-21)
3セット目 (19-25)
4セット目 (25-19)
5セット目 (15-11)
◎第1セット
最初の1点は相手のスパイクポイントとなり
前半からリードされる展開に。

そこから相手の多彩なコンビが炸裂し
連続得点を取られてしまい
相手がリードのまま後半に入ります。

後半は、
苦しい場面で柳沼が相手の流れを切り
続けて櫻井がサーブで崩します。

しかし、
相手もリードのまま抜けたいと
リズムのある早いブロードで攻撃。

中盤から野上に代わって菊地がコートに入ったが
相手の流れを切るような
ブロックポイントを取ります。

今シーズン初レギュラーとして入った
吉田も菊地に負けじと
スパイクを打ち込み相手のミスが出てきます。

最後は、
相手との点差は開いたままセットを取られます。

MC
野上→菊地

◎第2セット

次こそは出だしからリズムに乗りたい日体大!
スタートから1年生の菊池・吉田が連続ポイント。

その流れにチームが乗り、
辻村がフェイントで相手を崩して行きます。

中盤からブロックにつかまり始めますが
やられたらやり返すという気持ちがこもった
スパイクを柳沼が打ち8-9。

ここから点差をつけていきたいといった場面で
櫻井のツーが決まり
辻村・櫻井のコンビで
相手を乱すようなコースに攻めていきます。

20点以降は相手のエースに
こちらに負けじと鋭いスパイクを打ち込まれますが、
粘りのバレーで相手の流れを切り
辻村のスパイクでこのセットを取り返します。

◎第3セット
出だしから相手のエースの勢いが止まりません。

吉田もスパイクでやり返しますが
相手の頭脳プレーで連続失点。

焦らず1点を取り返したい!ところで
辻村・伊藤がナイスプレー!

菊地がブロックとスパイクで
チームに勢いをつけて攻め続けます。

そして、
流れを相手のものにしまいと
池谷が身体全体でレシーブを上げますが
攻撃で崩すことが出来ず
苦しめられてしまいます。

しかし、ここからが勝負というところで
櫻井が強気のトスでアタッカーを誘導し
伊藤・菊地・吉田がどんどん攻め続けますが
相手の守りには叶わず
このセットも落とします。

MC
柳沼→熊井

◎第4セット
このセットを取らないと後がない4セット目。

池谷が相手の隙を見計らって
バックからツー攻撃!

辻村が相手のミドルよりも
鋭いブロードで点数を稼ぎます。

柳沼が器用に相手のブロックを利用してポイントを取り
櫻井・菊地の息の合ったコンビで
相手を困らせる展開に持っていきます。

そして中盤になるにつれて
相手のミスが増えてきました。

ここから一気に攻めていきたい!
菊地・吉田がブロックとスパイクポイントで
セットを取ります。

◎第5セット
出だしから一気に突っ走ろうと
伊藤が相手の弱いところにプッシュで
押し込み流れを作ります。

しかし、
途中で自分たちのミスが目立ち3-5。

先に8点を取ってコートチェンジをしたい日体大!
ここから粘りのバレーを見せます!

菊地・柳沼が大活躍で
相手のミスを誘い7-7。

辻村の気迫ある攻撃で
チームを勢いに乗らせ
吉田が前衛で踏ん張り13-10!

ラスト1点を取るまで気を抜かずに攻撃をし続け
最後は菊地のスパイクポイントで
ゲームセット。

結果3-1で日本体育大学の勝利です!

応援の程、有難う御座いました。