ホーム » 活動トピックス » 秋季リーグ戦6日目 VS桜美林大学

秋季リーグ戦6日目 VS桜美林大学

2018年9月23日(日)
こんばんは!星野実佑です!

本日は秋季リーグ戦6日目、
桜美林大学と対戦しました!

日本体育大学vs桜美林大学
(3-0)

1セット目 (25-17)
2セット目 (25-23)
3セット目 (25-22)

☆試合内容

◎第1セット
スタートから相手のサーブに乱されますが、
吉田のブロックポイントで流れを掴みます。

前半から辻村のブロックポイントとサーブで
リードし8-5。

中盤からは柳沼のキレのあるスパイクで
連続ポイントを取り
櫻井・辻村のコンビが炸裂します。

20点以降では池谷のナイスレシーブと
菊地のブロックアウトでリードを広げ
最後まで相手を乗らせることなくセットを取ります。

MC なし

◎第2セット
スタートから伊藤のサーブが走ります。

しかし、
ここから相手の反撃が始まります。
相手のエースにブロックを利用したスパイクを
何本も打たれ7-12とリードを取られます。

ここで負けるわけにはいかないと、
吉田が相手のブロックを吹き飛ばすようなスパイクで
相手を揺さぶり
点差をじわじわと縮めます。

ここから勢いに乗った日体大は、
柳沼・吉田・菊地が技のあるスパイクで
連続得点。
ここで日体大が15-20から逆転をします。

吉田が打ったボールを全員でフォローし
櫻井がきれいなトスで
アタッカーを動かして相手ブロッカーを
惑わせ18-20。

20-20に差し掛かったところで
相手のミスが出始め
一気に前に出ます。

24-23まで追い付き、
最後は菊地のサーブポイントでこのセットも取ります。

MC 櫻井→ハンダ

◎第3セット
この調子でこのセットも奪いたい日体大!

出だしから菊地がブロードを決めます。
櫻井が相手のスパイクをシャットして
勢いに乗りますが、
相手も負けじと得意のスパイクで攻められ
乱れてしまいます。

そして、中盤まで1点ゲームが続きますが、
ここで櫻井・辻村のコンビが炸裂し14-11。

先に20点を取りたい場面で
伊藤が決めます!
伊藤の高い打点から相手の穴にプッシュをし18-13。

柳沼に代わりコートインした溝口が
サーブで相手を崩します。

しかし、
相手の攻撃に乱され点数が止まり19-17。

20点以降でチームが苦しい状態になりますが
バックの選手がレシーブで踏ん張り
前衛の選手が攻め続けます!
そのおかげで、
点差が開き最後は伊藤が真ん中からキレのあるスパイクを決め
ゲームセット。

MC 柳沼→溝口

結果3-0で日本体育大学の勝利です。

応援の程、ありがとうございました!

今日で前半戦が終わりました!
ここまで6連勝となります。
ですが、ここからが勝負ところになるので
明日からはコンディションと
チーム内での修正を中心的にやっていきたいと思います。

それでは失礼します(^^)/