ホーム » 活動トピックス » 春季リーグ戦8日目VS日本女子体育大学

春季リーグ戦8日目VS日本女子体育大学

2019年5月11日(土)
こんばんは!瀬戸真穂です!

本日は、日本女子体育大学と対戦しました。

日本体育大学VS日本女子体育大学
0-3
1セット目(25-27)
2セット目(20-25)
3セット目(20-25)

◎第1セット目
出だしから波に乗りたい日体だが
自ミスからスタート。

相手の流れが止まらずコンビなどで
崩されなかなか自分たちのバレーが
出来ずに点を離されます3-8

タイム明けに大村がスパイクを決め
相手も焦ってきて徐々に追い上げ
山本のチョロや相手のミス、
ハンダのブロックポイントで
逆転します20-17

この勢いのまま行きたいが
相手も負けじと繋いでボールが落ちず
長いラリーを取られ、マッチポイントを
握られるが岳野がブロックを利用して
点を取りますが、最後はライトから
叩きこまれセットを落します。

MC
ハンダ→熊井

◎第2セット目
相手のブロックポイントで
ゲームがスタート。

出だしの流れが悪く大差を
つけられるが菊地のブロードや
大村の強烈なスパイクでブロックを
弾き飛ばし2点差に追いつきます9-11

サイドアウトで2点差がちじまらず
ここで一点ほしい時にミスが出て
一気に5点差まで離されます10-15

2枚替えで野上と鎌田が入り
鎌田・野上コンビが炸裂していて
点差は詰めますが、相手のライト攻撃に
対応出来ずにこのセットを落します。

MC
山本→鎌田
塩出→野上
ハンダ→熊井

◎第3セット目
あとがなくなった日体。
出だしからシーソーゲームになります。

お互い一歩も譲らない形になり、
自分達がサーブで崩し、相手にコンビをさせなくて
チャンスボールをもらって自分たちの攻撃が
出来、リードします13-10

しかし、自ミスが増えてしまい
苦しい展開になりここで一本切りたいが
相手の多彩なコンビでブロックが止まらず
先に20点を取られます。

2点差まで追いつきますが
相手のコンビやブロック、
自分たちのコンビが決まらず
最後は相手のスパイクポイントで
ゲームセット。

MC
ハンダ→熊井

結果3-0で日本女子体育大学の勝利です。

今日の試合で自分の足りない所や
良かったところもあるので
足りない所は、明日の試合で克服し
良かったところはこの調子で
今日以上に発揮できるように
明日も、チーム一丸となって
戦います!

◇明日の試合順をお知らせします!
小田原アリーナ
Bコート 第1試合目VS松蔭大学

明日も応援の程、
宜しくお願い致します。

それでは、失礼します(^^)/