ホーム » 活動トピックス » 春季リーグ戦9日目VS松蔭大学

春季リーグ戦9日目VS松蔭大学

2019年5月12日(日)
こんばんは!瀬戸真穂です!

本日は、松蔭大学と対戦しました。

日本体育大学VS松蔭大学
3-0
1セット目(25-20)
2セット目(25-17)
3セット目(25-15)

◎第1セット目
気持ちを切り替えて、出だしから
好調で野上のスパイクポイントから
スタート。

熊井のサーブで崩し、
花井がダイレクトで決め
野上の勢いが止まらず
点を離します10-6

相手のミスが増えブレイクするも
フェイントなどに対応出来ず
追い上げられますが、
ミスしても一本で切り
相手のミスを誘います。

ハンダの速攻も決まり、
ブロックポイントで流れをつかみ
菊地のブロードでセットを取ります。

MC
なし

◎第2セット目
このセットの出だしの1点目は
野上の強烈なスパイク。

シーソーゲームになりますが
鎌田が相手をよく見ていて
ツーをし菊地のフェイントや
ハンダの高さのあるブロックで
流れは日体12-10

鎌田のツーが決まり、
速いトス回しでブロックを分散し
多彩なコンビで自分たちの有利な
展開に出来、大差をつけます20-15

20点以降で岳野がサーブで入り
崩してダイレクトで決め
花井の技ありからの菊地の
相手のいない所にフェイントをし
セットを取ります。

MC
菊地→稲津
ハンダ→岳野

◎第3セット目
このままの流れで行きたい日体。
熊井のナイスディグから
野上がブロックを弾き飛ばし
大きくリードします。

相手のレフトもブロックを利用し
プッシュで落としてきますが
負けじと拾い・繋いぎ・花井が
ラインぎりぎりに決めます10-6

ハンダのスパイクやブロックが決まり
サーブでは鎌田がノータッチで
サーブポイントを取ります。

ブロックで塩出が入り
グッドタッチからのコンビで
菊地のブロードや中に切り込んだりして
ブロックが一枚になり
最後は塩出の押し込みで
ゲームセット。

MC
鎌田→塩出

結果3-0で日本体育大学の勝利です。
応援の程、有難う御座いました。

それでは、失礼します(^^)/